ジョン・ウォール「健康な状態なら自分は休まない」
NBA

ジョン・ウォール「健康な状態なら自分は休まない」

休養を優先させる現在の傾向を疑問視

2016-17シーズンは得点、アシスト、スティール、フィールドゴール成功率で自己最多をマークしているワシントン・ウィザーズのジョン・ウォールは、過去最高のシーズンを送っている。今季は69試合を終えて67試合に出場し、チームの根幹を支えている一人だ。そのウォールにとって不思議なことは、健康な状態にもかかわらずチームが選手を休ませる傾向だった。『CSNMidAtlantic』のJ・マイケル記者とのインタビューで、ウォールは自論を展開している。


昨季はレギュラーシーズンのラスト5試合をひざの負傷により欠場したウォールは、その後手術を受けた。思えばNBA1年目には13試合、2年目には16試合、3年目には33試合をけがのために欠場したが、もし100%万全な状態なら、欠場は受け入れられるべきことではないとウォールは言う。

ウォールは『CSNMidAtlantic.com』に対し「それが昔と今のリーグの違いかな。幾分かソフトになってしまった気がする」と話した。

「選手たちは休養のために休むようになった。もちろんコーチの決定というのは理解している。コーチや医師の判断には逆らえない」。

昨年5月5日(日本時間6日)にひざの手術を受けて以降、ウォールはこれまでに2試合を休養のために欠場した。


だがウォールは「自分は休養のために欠場したくはないタイプ。ファンに感謝、敬意を示すべきと思うんだ」と主張する。

「彼らは自分たちの試合を観るためにお金を払っている。それでプロフェッショナルは成り立っているわけで、選手はコートに出て競い合えている。けがをしていないのなら試合に出てプレイするべき。これまでに休みたくはなかったけれど、けがをしていて欠場した試合はあるよ。でも、出られるならプレイする」。

原文:Wall: NBA gone 'softer' by allowing healthy players to rest by NBA.com(抄訳)



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

主力欠くも7連勝のウォリアーズ、28得点のケビン・デュラントは「勝ち続けたいならこれが必要」

nba

ロケッツがペリカンズを下して10連勝、自己最多28得点のクリント・カペラは「もっとうまく」

nba

カイリー・アービング欠場のセルティックスが黒星、ブラッド・スティーブンズHCは「支配された」

nba

マット・バーンズが自身のインスタグラムで引退を表明

nba

絶好調ビクター・オラディポ、トレード相手となったポール・ジョージとの比較は「もううんざり」

nba

『NBA 2K League』の公式ロゴがお披露目

nba

ウルブズが接戦を制し約1か月ぶりの連勝

nba

ペイサーズが4連勝、自己最多47得点のビクター・オラディポは「チームメイトがプレイを簡単にしてくれている」

nba

ラプターズが今季最長の6連勝、25得点のデマー・デローザンは「アグレッシブにプレイした」

nba

[宮地陽子コラム第85回]ジャマール・クロフォードがシアトルの先輩から学んだ“メンター”を持つことの重要性

nba

セルティックスが堅守でピストンズに勝利、カイリー・アービングは「チームのアイデンティティを構築したい」

nba

ロケッツ、ネネの出場機会を増やす方法を模索中

もっと見るレス
Back to Top