ジョン・ウォール「健康な状態なら自分は休まない」
NBA

ジョン・ウォール「健康な状態なら自分は休まない」

休養を優先させる現在の傾向を疑問視

2016-17シーズンは得点、アシスト、スティール、フィールドゴール成功率で自己最多をマークしているワシントン・ウィザーズのジョン・ウォールは、過去最高のシーズンを送っている。今季は69試合を終えて67試合に出場し、チームの根幹を支えている一人だ。そのウォールにとって不思議なことは、健康な状態にもかかわらずチームが選手を休ませる傾向だった。『CSNMidAtlantic』のJ・マイケル記者とのインタビューで、ウォールは自論を展開している。


昨季はレギュラーシーズンのラスト5試合をひざの負傷により欠場したウォールは、その後手術を受けた。思えばNBA1年目には13試合、2年目には16試合、3年目には33試合をけがのために欠場したが、もし100%万全な状態なら、欠場は受け入れられるべきことではないとウォールは言う。

ウォールは『CSNMidAtlantic.com』に対し「それが昔と今のリーグの違いかな。幾分かソフトになってしまった気がする」と話した。

「選手たちは休養のために休むようになった。もちろんコーチの決定というのは理解している。コーチや医師の判断には逆らえない」。

昨年5月5日(日本時間6日)にひざの手術を受けて以降、ウォールはこれまでに2試合を休養のために欠場した。


だがウォールは「自分は休養のために欠場したくはないタイプ。ファンに感謝、敬意を示すべきと思うんだ」と主張する。

「彼らは自分たちの試合を観るためにお金を払っている。それでプロフェッショナルは成り立っているわけで、選手はコートに出て競い合えている。けがをしていないのなら試合に出てプレイするべき。これまでに休みたくはなかったけれど、けがをしていて欠場した試合はあるよ。でも、出られるならプレイする」。

原文:Wall: NBA gone 'softer' by allowing healthy players to rest by NBA.com(抄訳)



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

ウォリアーズがスパーズに勝利し、カンファレンス準決勝に進出

nba

76ersが2012年以来となるカンファレンス準決勝進出

nba

マーカス・スマートが復帰したセルティックスが勝利し、3勝2敗とリード

nba

サンダーのラッセル・ウェストブルックに1万ドルの罰金とテクニカルファウルの処分

nba

236選手がNBAドラフト2018にアーリーエントリー

nba

ジャズが3連勝で突破に王手、33得点のドノバン・ミッチェルはレジェンドに続く記録に「光栄なこと」

nba

左足首を手術していたダーク・ノビツキー、来季のプレイに意欲

nba

ラプターズとのシリーズを2勝2敗に戻したウィザーズ、ケリー・ウーブレイJr.が活躍

nba

Jr. NBA世界選手権の放映権で『FOX Sports』と合意

nba

ロケッツが圧勝で突破に王手、36得点のジェームズ・ハーデンは「アグレッシブなメンタリティーだった」

nba

マヌ・ジノビリとトニー・パーカーがプレイオフ史上最多勝利を記録したデュオに

nba

キャブズが終盤のランでリードを広げ勝利、対戦成績を2勝2敗に

nba

ウィザーズが連勝で2勝2敗のタイに、ジョン・ウォールは「ブラッドリーがいなくなったら自分が何とかしないといけない」

nba

スパーズがシリーズ初勝利、第4Qだけで10得点を決めたマヌ・ジノビリは「気合が入っていた」

nba

バックスがヤニス・アデトクンボのティップインレイアップで勝利、シリーズを2勝2敗のイーブンに

nba

ジャズがシリーズ逆転で一歩リード、リッキー・ルビオはジョン・ストックトン以来のトリプルダブルに「光栄」

nba

スパーズ、グレッグ・ポポビッチHCは第4戦も不在に

nba

14年ぶりの本拠地プレイオフでウルブズがロケッツに勝利、28得点のジミー・バトラーは「この街はもう少し長くとどまるにふさわしい」

nba

ペリカンズがブレイザーズをスウィープ、47得点のアンソニー・デイビスは「素晴らしい気分」

nba

76ersが突破に王手、ベン・シモンズはマジック・ジョンソン以来となるトリプルダブルの快挙

nba

バックスが堅守でセルティックスに勝利、ヤニス・アデトクンボは「全員が準備を整えていた」

nba

ウィザーズがホームで勝利しシリーズ初勝利

nba

ペイサーズが17点差からキャブズに逆転勝利、シリーズを2勝1敗でリード

nba

ひざ負傷で離脱中のステフィン・カリー、経過は良好

もっと見るレス
Back to Top