ジェームズ・ハーデン「ライバルはウォリアーズだけ」
NBA

ジェームズ・ハーデン「ライバルはウォリアーズだけ」

ポールとの連携については「自然に機能する」

ヒューストン・ロケッツのジェームズ・ハーデンは、今夏クリス・ポールが加入して以降、新たなケミストリーの構築だけを考えている。ピックアップゲームでプレイし、サマーリーグを共に観戦するなど、すでに2人はコート内外で良い関係を築けているようだ。カーメロ・アンソニーの去就に関する噂も耳に入っているのだろうが、ポールとの連携構築こそ最も重要な仕事であるとハーデンが語ったと、『Chron.com』が伝えている。

ハーデン、ポール、アンソニーが揃ってピックアップゲームでプレイした後、ハーデンは『ESPN』とのインタビューで、アンソニーがロケッツにトレードされるという噂に苛立っているかを聞かれると「その話は聞かないようにしているんだ」と答えた。

「それはフロントのダリル・モーリー(GM)とタッド・ブラウン(CEO)の仕事。僕はCPと快適にプレイすることだけに集中している。僕たちは夏の間に良い連携を築けた。彼も僕も、今季が楽しみにしているよ」。

NBA Live 18のカバーアスリートとして『ESPN』の番組に出演したハーデンは、ポールとの連携においてオフ・ザ・ボールのプレイへの対応が最も重要と語った。しかし、ピックアップゲームでの役割と、シーズン中の役割はさほど変わらないとも話している。

ハーデンは「僕たちは、ここ何年かチーム内でボールを持つ時間が多かった。ただ今季は、キャッチ・アンド・シュートの機会が増えると思うね」と言う。


「お互いに、『オープンだったシュートを打て』と言い続けないといけない。それをピックアップゲームでも続けてきた。お互いに快適にやれるようになれば、自然と連携は機能する。彼も僕もスマートな選手だからね」。

「僕たちは優勝という同じ目標を持っている。今は1チーム(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)だけが勝っている状態。彼らは3年連続してファイナルに進出している。ライバルは彼らだけ。倒す目標は彼らだけ。CPも自分も同じことを考えているよ」。

原文:Harden focused on meshing with Paul by NBA.com(抄訳)



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

NBAチャンピオン ダニー・グリーンの来日が決定、日本のファンと一緒にパブリックビューイングでNBAを観戦

nba

インドでの第2回バスケットボール・ウィズアウト・ボーダーズキャンプに日本人3選手も参加へ

nba

クリッパーズとドック・リバースHCが延長契約に合意

nba

セルティックスが第5戦に勝利しファイナル進出に王手をかける

nba

2017-18 NBAオールディフェンシブチーム発表、ルディ・ゴベアは2年連続でファーストチームに選出

nba

NBAレジェンドのディケンベ・ムトンボがセイガー・ストロング賞を受賞へ

nba

バックスのスターリング・ブラウンがミルウォーキー市警を告訴へ

nba

ジェイソン・テイタムが満票でのオールルーキー・1stチーム選出にならなかったことにスティーブンズHCが不満

nba

ウェスタン・カンファレンス決勝、ロケッツが接戦を制し2勝2敗に

nba

ジョージ・ワシントン大学を卒業した渡邊雄太がネッツのワークアウトに参加

nba

2017-18 NBAオールルーキーチーム発表、ドノバン・ミッチェルとベン・シモンズが満票でファーストチーム入り

nba

ミスがキャブズの活力に? 危険な立場に置かれたセルティックス

もっと見るレス
Back to Top