キャブズがペイサーズを下し3連勝

キャブズがペイサーズを下し3連勝

レブロン・ジェームズは31得点、カイル・コーバーはNBA史上7人目の通算3P成功数2000本超え達成

2月15日(日本時間16日)にクイックン・ローンズ・アリーナで行なわれたインディアナ・ペイサーズ対クリーブランド・キャバリアーズの一戦は、レブロン・ジェームズが31得点、カイル・コーバーがベンチから8本中6本の3ポイントショット成功を含む22得点の活躍を見せ、キャブズが113-104で勝利した。

3連勝でオールスターブレークを迎えるキャブズは、2月に入り7勝1敗と好調を維持。コーバーは通算3P成功数が2004本となり、NBA史上7人目の通算3P成功数2000本超えを達成している。

ジェームズは試合後「2月を迎える前から思い描いていたようなプレイができている。チームメイトが素晴らしいプレイをしてくれているよ」と語った。

「とても良いリズムに乗れているのに(オールスター)ブレークに入ってしまうのは残念。でも皆にとって良い休養になるからね。けがをしている選手にとっては回復する機会になる。少しだけ試合から離れて気を休められる。今は良いバスケットボールがプレイできているよ」。


キャブズ(39勝16敗)はジェームズとコーバーのほか、カイリー・アービングが26得点、7アシスト、トリスタン・トンプソンが12得点、12リバウンドで勝利に貢献した。

5連敗のペイサーズ(29勝27敗)は、グレン・ロビンソン三世が19得点、マイルズ・ターナーとジェフ・ティーグがそれぞれ15得点、モンテ・エリスが14得点、7アシスト、ポール・ジョージが13得点、7リバウンドをあげている。

ボックススコア



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

代行HCとしてウォリアーズを指揮するマイク・ブラウン、将来的なHC復帰も視野に入れつつ「今の役割を楽しめている」

nba

セルティックス、今オフに積極的な補強を実行か

nba

2連覇に向け調整を進めるケビン・ラブ「格下扱いは滑稽」

nba

NBAファイナルプレビュー:ウォリアーズ対キャバリアーズ

nba

クリス・ポールのスパーズ移籍実現の可能性が低い理由

nba

アイザイア・トーマス、ブラッド・スティーブンズHCの最優秀コーチ賞最終候補落選に不満「酷い結果」

nba

前例のないペースでプレイオフ記録を更新し続けるレブロン・ジェームズ

nba

[コラム]カイリー・アービング、驚異の1on1能力(佐々木クリス/WOWOW NBA ONLINE)

nba

『NBA LIVE Mobile』攻略ガイド:ロスター強化への道 前編(大西玲央)

nba

ニッキー・ミナージュが『NBAアウォードショー』に出演

nba

ウォリアーズGM「スティーブ・カーHCの健康状態は以前と変わらず」

nba

ドラフト指名候補ロンゾ・ボール、セルティックスのワークアウトを「丁重にお断り」

もっと見るレス
Back to Top