キャブズがペイサーズを下し3連勝

キャブズがペイサーズを下し3連勝

レブロン・ジェームズは31得点、カイル・コーバーはNBA史上7人目の通算3P成功数2000本超え達成

2月15日(日本時間16日)にクイックン・ローンズ・アリーナで行なわれたインディアナ・ペイサーズ対クリーブランド・キャバリアーズの一戦は、レブロン・ジェームズが31得点、カイル・コーバーがベンチから8本中6本の3ポイントショット成功を含む22得点の活躍を見せ、キャブズが113-104で勝利した。

3連勝でオールスターブレークを迎えるキャブズは、2月に入り7勝1敗と好調を維持。コーバーは通算3P成功数が2004本となり、NBA史上7人目の通算3P成功数2000本超えを達成している。

ジェームズは試合後「2月を迎える前から思い描いていたようなプレイができている。チームメイトが素晴らしいプレイをしてくれているよ」と語った。

「とても良いリズムに乗れているのに(オールスター)ブレークに入ってしまうのは残念。でも皆にとって良い休養になるからね。けがをしている選手にとっては回復する機会になる。少しだけ試合から離れて気を休められる。今は良いバスケットボールがプレイできているよ」。


キャブズ(39勝16敗)はジェームズとコーバーのほか、カイリー・アービングが26得点、7アシスト、トリスタン・トンプソンが12得点、12リバウンドで勝利に貢献した。

5連敗のペイサーズ(29勝27敗)は、グレン・ロビンソン三世が19得点、マイルズ・ターナーとジェフ・ティーグがそれぞれ15得点、モンテ・エリスが14得点、7アシスト、ポール・ジョージが13得点、7リバウンドをあげている。

ボックススコア



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

『NBA 2K18』の発売記念イベントに足立梨花さんが登場「お見苦しいところを…」

nba

キャブズのタロン・ルーHC、ケビン・ラブの起用法について明言を避ける

nba

リポート:ウルブズが今週中にアンドリュー・ウィギンズと延長契約締結か!?

nba

レイカーズがアンドリュー・ボーガットと契約

nba

[2017-18シーズン戦力分析]ヒューストン・ロケッツ

nba

バックスがジェイソン・テリーと再契約

nba

ユーロバスケットで輝いたキングスの新人ボグダン・ボグダノビッチ

nba

カイリー・アービング、レブロン・ジェームズに退団を伝えなかったことに後悔なし

nba

ユーロバスケットで銅メダルのマルク・ガソル、早くもNBAに切り替え

nba

[2017-18シーズン戦力分析]ボストン・セルティックス

nba

スロベニアがセルビアを下し欧州選手権初優勝

nba

エネス・カンターが肉体改造を行ない減量に成功

もっと見るレス
Back to Top