NBAオールスター・ドラフトルール
NBA

NBAオールスター・ドラフトルール

先発から選ぶ1巡目はレブロンから指名し、リザーブから選ぶ2巡目はカリーから指名

1月18日(日本時間19日)、NBAオールスター2018のスターターとキャプテンが発表された。

その結果、イースタン・カンファレンスのキャプテンは、ファン投票全体1位(263万8294票)に輝いたレブロン・ジェームズ(フロントコート/クリーブランド・キャバリアーズ)、ウェスタン・カンファレンスのキャプテンは、同カンファレンス首位となる237万9494票を獲得したステフィン・カリー(ガード/ゴールデンステイト・ウォリアーズ)が選出された。

両キャプテンは、2人を除く先発8選手、そしてコーチ投票により選出され、1月23日(同24日)に発表されるリザーブチームの選手からそれぞれ希望選手を指名して、2月18日(同19日)にロサンゼルスのステイプルズ・センターで開催されるNBAオールスターゲームで対戦するロスターを編成する。

NBAオールスター・ドラフトルールは、以下の通り。

●スターター(1巡目指名):両キャプテンは、自身を除く先発8選手(イーストからはカイリー・アービング、ヤニス・アデトクンボ、デマー・デローザン、ジョエル・エンビード;ウェストからはケビン・デュラント、ジェームズ・ハーデン、アンソニー・デイビス、デマーカス・カズンズ)の中から、カンファレンスを考慮せずに指名。

●リザーブ(2巡目指名):両キャプテンは、1月23日に発表される14名のリザーブ選手の中から、カンファレンスを考慮せずに指名。


●1巡目の第一指名権は、ファン投票全体1位の票数を獲得したジェームズに、2巡目の第一指名権はカリーにそれぞれ与えられる。全選手が指名されるまで、両キャプテンは交互に希望選手を指名する。

●最終的に12名編成(キャプテンと他11名)のチームが2チーム完成。各チームのロスターには、最低でもガード3選手が含まれなければならない。

原文:How the NBA All-Star draft works by NBA.com

[特集]NBAオールスター2018 in ロサンゼルス


スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

レブロン・ジェームズの耳に風を吹きかけた真相をランス・スティーブンソンが明かした

nba

デマー・デローザンと新シーズンのスパーズを楽観するルディ・ゲイ

nba

パニック障害に苦しんだケビン・ラブ「死ぬんじゃないかと思った」

nba

ペイサーズのネイト・マクミランHCとビクター・オラディポの新シーズンへの期待

nba

フィリピン代表としてアジア大会に出場するジョーダン・クラークソン

nba

ジェームズ・ハーデン「カーメロ・アンソニーはフィットする」

nba

ベン・シモンズがレブロン・ジェームズの移籍について言及「彼から学べたら最高だった」

nba

来夏FAのクレイ・トンプソンがウォリアーズ残留を希望

nba

ロケッツがR.J.・ハンターを解雇

nba

スパーズ元GMのボブ・バスが逝去

nba

フアン・カルロス・ナバーロが現役引退

nba

76ersが元WNBA選手のリンジー・ハーディングをスカウトに起用

もっと見るレス
Back to Top