NBAオールスター・ドラフトルール
NBA

NBAオールスター・ドラフトルール

先発から選ぶ1巡目はレブロンから指名し、リザーブから選ぶ2巡目はカリーから指名

1月18日(日本時間19日)、NBAオールスター2018のスターターとキャプテンが発表された。

その結果、イースタン・カンファレンスのキャプテンは、ファン投票全体1位(263万8294票)に輝いたレブロン・ジェームズ(フロントコート/クリーブランド・キャバリアーズ)、ウェスタン・カンファレンスのキャプテンは、同カンファレンス首位となる237万9494票を獲得したステフィン・カリー(ガード/ゴールデンステイト・ウォリアーズ)が選出された。

両キャプテンは、2人を除く先発8選手、そしてコーチ投票により選出され、1月23日(同24日)に発表されるリザーブチームの選手からそれぞれ希望選手を指名して、2月18日(同19日)にロサンゼルスのステイプルズ・センターで開催されるNBAオールスターゲームで対戦するロスターを編成する。

NBAオールスター・ドラフトルールは、以下の通り。

●スターター(1巡目指名):両キャプテンは、自身を除く先発8選手(イーストからはカイリー・アービング、ヤニス・アデトクンボ、デマー・デローザン、ジョエル・エンビード;ウェストからはケビン・デュラント、ジェームズ・ハーデン、アンソニー・デイビス、デマーカス・カズンズ)の中から、カンファレンスを考慮せずに指名。

●リザーブ(2巡目指名):両キャプテンは、1月23日に発表される14名のリザーブ選手の中から、カンファレンスを考慮せずに指名。


●1巡目の第一指名権は、ファン投票全体1位の票数を獲得したジェームズに、2巡目の第一指名権はカリーにそれぞれ与えられる。全選手が指名されるまで、両キャプテンは交互に希望選手を指名する。

●最終的に12名編成(キャプテンと他11名)のチームが2チーム完成。各チームのロスターには、最低でもガード3選手が含まれなければならない。

原文:How the NBA All-Star draft works by NBA.com

[特集]NBAオールスター2018 in ロサンゼルス


スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

ジェイソン・キッドやスティーブ・ナッシュらが2018年バスケットボール殿堂入り最終候補に

nba

State Farmオールスター・サタデーナイト2018の開催地・日時・放送・出場選手…etc.

nba

カイル・クーズマ、ロサンゼルスでのライジングスターズに「スーパークールだった」

nba

今ライジングスターズ最多の35得点を記録したジェイレン・ブラウン「素晴らしい経験だった」

nba

ライジングスターズ初出場のベン・シモンズ「来年はオールスターゲームに出場したい」

nba

ライジングスターズMVP受賞のボグダン・ボグダノビッチ「ディアロンとの対戦は楽しかった」

nba

2018 Mtn Dew Kickstart ライジングスターズを制したのはワールドチーム、MVPはボグダン・ボグダノビッチ

nba

NBAオールスター2018 トリビア集

nba

2018 Mtn Dew Kickstart ライジングスターズの開催地・日時・放送・出場選手…etc.

nba

ウルブズがレイカーズに勝利、トム・シボドーHCはジミー・バトラーとタージ・ギブソンを称賛「彼らがチームを変えた」

nba

ナゲッツが3連勝、2試合連続トリプルダブルのニコラ・ヨキッチは「いつもと同じようにプレイしている」

nba

復帰を目指すクリス・ボッシュ「まだ終わっていない」

もっと見るレス
Back to Top