ナゲッツがNBA記録タイとなる24本の3P、ウォリアーズが今季9敗目

ナゲッツがNBA記録タイとなる24本の3P、ウォリアーズが今季9敗目

最多勝利を記録した昨季の黒星数と並ぶ

2月13日(日本時間14日)にペプシ・センターで行なわれたゴールデンステイト・ウォリアーズ対デンバー・ナゲッツの一戦は、NBA記録タイとなる24本の3ポイントショットを沈めたナゲッツが132-110で快勝した。

第1クォーターから20-42と大差をつけられたウォリアーズは、前半だけでナゲッツに23本中16本の3Pを許し、54-79と大量リードを許してハーフタイムを迎える。ウォリアーズが前半で79得点を許したのは今季初。逆にナゲッツにとっても前半79得点は今季初となった。

第3Qに一時28点差とされるなど、ウォリアーズは巻き返すことができず。スティーブ・カー・ヘッドコーチは第4Qでケビン・デュラント、ステフィン・カリー、ドレイモンド・グリーンをベンチに下げた。

ナゲッツは試合最後の2本の3Pが決まらず、またジャマール・マレーの最後の3Pが時間外だったため、惜しくもNBA新記録更新はならず。だが、7選手が3Pを成功させ、昨年12月のニューオーリンズ・ペリカンズ戦でのヒューストン・ロケッツに並ぶNBA記録タイの24本の3Pを決めた。

ナゲッツ(25勝30敗)はニコラ・ヨキッチが自己最多の21リバウンド、12アシストに加え、17得点も記録し、自身2度目となるトリプルダブルを達成。新人のファン・エルナンゴメスが今季最多の27得点、10リバウンド、ウィル・バートンが24得点、ジャミア・ネルソンが23得点を記録している。

バートンは3Pについて、「何本か決まったのを見て、続けたいと思った。どこまでいけるかとね」と振り返っている。ゲーリー・ハリスは「誰かが打つたびに決まる感じだった」と驚きを隠さなかった。


「クレイジーだよ」。

一方、3Pが32本中8本成功のみ終わり、カリーも11本中1本の成功にとどまったウォリアーズは、サンアントニオ・スパーズに100-129で敗れた開幕戦に続く大敗。通算46勝9敗と、歴代最多勝利(73勝)を記録した昨季の黒星に並んだ。

25得点を記録したデュラントは、「彼らは止まると思っていた。でも、自信を持って気楽にプレイしていたね」と、勢いを止めなかったナゲッツに脱帽した。

「彼らには失うものがなかった。一部の選手を欠いていたからなおさらね」。

ボックススコア​



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

チームの姿勢に苦言を呈すポール・ジョージ「勝利に対するプライドが感じられない」

nba

ウィザーズがレイカーズを敵地で下し4連勝、38年ぶりのディビジョン優勝を決める

nba

ユスフ・ヌルキッチが自己最多33得点、ブレイザーズが4連勝でウェスト8位をキープ

nba

ウォリアーズがロケッツに勝利し8連勝、年間60勝に到達

nba

ハッサン・ホワイトサイドのブザービーターでヒートが接戦を制す

nba

NBAコミッショナーが将来的な女性HC誕生の可能性を示唆

nba

デマー・デローザンとジェームズ・ハーデンが第22週の週間最優秀選手に選出

nba

ニックスのジョアキム・ノアに出場許可、ヒート戦から20試合の出場停止処分適用へ

nba

レブロン・ジェームズ、スパーズ戦で痛めた背中は問題なし

nba

ラッセル・ウェストブルックが今季37回目のトリプルダブル、終盤に猛攻のサンダーが逆転勝利

nba

キャバリアーズが大敗、イースタンの首位陥落

nba

キングスに大逆転負けのクリッパーズ、クリス・ポールは「キャリア最悪の敗戦」

もっと見るレス
Back to Top