今季中の復帰を諦めていないゴードン・ヘイワード「まだ希望は残されている」
NBA

今季中の復帰を諦めていないゴードン・ヘイワード「まだ希望は残されている」

体重の70%の負荷をかけてトレッドミルでランニングが可能なまでに回復

6日前、ボストン・セルティックスのブラッド・スティーブンズ・ヘッドコーチは、ゴードン・ヘイワードが今季中に復帰する可能性を聞かれ、「彼は今季プレイしない」と断言した。しかし、当の本人の考えは異なるらしい。

NBAをライブ視聴するならRakuten NBA Special

ボストンのミドルスクールに設立された新たなジムをお披露目する式典に出席したヘイワードは、今季中の復帰を諦めないと語った。今季開幕戦で足首に重傷を負ったヘイワードは、けがをした直後こそ今季中の復帰は難しいと考えていた。それが12月に入り考えが変わり、「可能な限り早く復帰できるよう努力する」と言い始めた。

ESPN』のクリス・フォースバーグ記者が、ヘイワードのコメントを伝えた。

ブラッド・スティーブンズHCが「彼は今季プレイしない」と発言してから1週間も経たぬ内に、ヘイワードは今季中に復帰する可能性を完全には閉ざさないと話した。

ロクスベリーのミドルスクールのイベントに参加したヘイワードは「僕は1日単位で考えるようにしている。それはリハビリを始めた時期から変わっていない。具体的な復帰時期は定めないけれどね」と言う。


「順調に回復しているし、経過も良好。今朝もジムで練習したし、明日もジムに行く。それが自分の目標。1日単位で集中してやっていく」。
「まだ希望は残されている。正直に言えば、まだ具体的なことは考えられていない。今季も終盤戦に入った。努力しているけれど、もし無理なら復帰できないということ」。

ヘイワードは、3月9日(日本時間10日)にチームの練習施設で、反重力トレッドミルで体重の70%の負荷をかけて走ったという。体重の80%の負荷をかけられるようになれば、自重をかけて走れるようになるのではないかと期待している。現時点では「赤ん坊のようなジャンプは可能」と話したヘイワードは、ランニングが再開できるようになってから、さらにペースを上げたいと考えている。

ヘイワードは、身体の状態を上げること、完治までに必要なステップを踏むことに集中している。クリーブランド・キャバリアーズとの開幕戦開始からわずか5分で重傷を負って以降、コービー・ブライアント、アメリカ合衆国前大統領のバラック・オバマら大勢から励ましのメッセージを受けた。ヘイワードは、昨夏ユタ・ジャズから加入したセルティックスのサポートに特に感謝していると話している。

原文:Gordon Hayward not ruling out return this season by NBA.com(抄訳)


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

サマーリーグ準決勝、レイカーズとブレイザーズがファイナル進出

nba

リポート: レブロン・ジェームズ、レイカーズのルーク・ウォルトンHCと会っていた?

nba

アイザイア・トーマスがナゲッツと正式に契約「まずは健康であることを証明したい」

nba

リポート: レブロン・ジェームズがアメリカ代表ミニキャンプを欠席へ

nba

リポート: 76ersがロケッツのダリル・モーリーGMを狙う?

nba

リポート:ヨギ・フェレルがマブスと再契約間近

nba

ピストンズがザザ・パチューリアとの契約を発表

nba

レブロン・ジェームズがサマーリーグを会場で観戦

nba

リポート:クリント・カペラはロケッツとの再契約が濃厚か

nba

リポート:シャバズ・ネイピアーがネッツとの2年契約に合意か

nba

リポート:チャニング・フライがキャブズとの単年契約に合意か

nba

ロンゾ・ボールが左ひざを手術へ

もっと見るレス
Back to Top