ドウェイン・ウェイド、右ひじ骨折で今季残り試合欠場
NBA

ドウェイン・ウェイド、右ひじ骨折で今季残り試合欠場

ブルズでの1年目で平均18.6得点、4.5リバウンド、3.9アシスト、1.5スティールを記録

3月16日(日本時間17日)、シカゴ・ブルズはドウェイン・ウェイドが右ひじの負傷により今季残り試合を欠場することを発表した、

ブルズによれば、ウェイドは3月15日(同16日)にユナイテッド・センターで行なわれたメンフィス・グリズリーズ戦の第4クォーターに負傷。MRI検査の結果、右ひじの捻挫と骨折箇所が発見されたという。


ウェイドは今季57試合(先発56試合)に出場し、平均18.6得点、4.5リバウンド、3.9アシスト、1.5スティールを記録した。



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

主力欠くも7連勝のウォリアーズ、28得点のケビン・デュラントは「勝ち続けたいならこれが必要」

nba

ロケッツがペリカンズを下して10連勝、自己最多28得点のクリント・カペラは「もっとうまく」

nba

カイリー・アービング欠場のセルティックスが黒星、ブラッド・スティーブンズHCは「支配された」

nba

マット・バーンズが自身のインスタグラムで引退を表明

nba

絶好調ビクター・オラディポ、トレード相手となったポール・ジョージとの比較は「もううんざり」

nba

『NBA 2K League』の公式ロゴがお披露目

nba

ウルブズが接戦を制し約1か月ぶりの連勝

nba

ペイサーズが4連勝、自己最多47得点のビクター・オラディポは「チームメイトがプレイを簡単にしてくれている」

nba

ラプターズが今季最長の6連勝、25得点のデマー・デローザンは「アグレッシブにプレイした」

nba

[宮地陽子コラム第85回]ジャマール・クロフォードがシアトルの先輩から学んだ“メンター”を持つことの重要性

nba

セルティックスが堅守でピストンズに勝利、カイリー・アービングは「チームのアイデンティティを構築したい」

nba

ロケッツ、ネネの出場機会を増やす方法を模索中

もっと見るレス
Back to Top