ラプターズがドウェイン・ケイシーHCの退任を発表
NBA

ラプターズがドウェイン・ケイシーHCの退任を発表

ラプターズでの7年間で320勝238敗を記録

5月11日(日本時間12日)、トロント・ラプターズはドウェイン・ケイシー・ヘッドコーチの退任を発表した。

NBAをライブ視聴するならRakuten NBA Special

マサイ・ウジリ球団社長は、ケイシーHC退任について「熟慮した結果、非常に難しい決断だったが、球団を前へ進ませるために必要なステップと判断した。我々はチームとして次のレベルに進むため、継続して成長してきた」と語った。

「ドウェインが球団のためにしてくれたことの全てを称え、感謝もしている。彼の今後の成功を心から願っている。チームの思想、アイデンティティを作る手助けをしてくれたのは彼だ。そのことを誇りに思っている」。

2011年6月21日(同22日)にラプターズ史上8人目のHCに就任したケイシーHCは、この7シーズンで通算320勝238敗(勝率57.3%)という戦績を残した。球団史上年間50勝を上回ったのは3シーズンのみで、いずれもケイシーHCが在任中のシーズンだった。


ケイシーHCのリーダーシップの下、ラプターズはアトランティック・ディビジョン優勝4回、球団記録となる5年連続プレイオフ進出を果たしている。またケイシーHCは、球団史上最長期間HCを勤め上げ、在任中最も多い勝利数を記録したHCとなった。

2017-18シーズンのラプターズは、球団新記録の59勝(23敗)をあげ、球団史上初めてイースタン・カンファレンス首位でプレイオフに勝ち進んだ。

[特集]NBAプレイオフ2018


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

スパーズの優先事項はカワイ・レナード残留

nba

リポート:マブスは新人ルカ・ドンチッチをサマーリーグに出場させない意向

nba

渡邊雄太がネッツからのサマーリーグ出場を発表

nba

[ギャラリー]NBAドラフト2018

nba

NBAドラフト2018 当日のトレードまとめ

nba

NBAドラフト2018 指名結果一覧

nba

NBAドラフト2018 全体5位指名選手トレイ・ヤング「日々の練習で努力して、試合に勝てるように努力する」

nba

NBAドラフト2018 全体4位指名選手 ジャレン・ジャクソンJr.「この日を毎日のように夢に見てきた」

nba

NBAドラフト2018 全体3位指名選手ルカ・ドンチッチ「マブスに加われることを嬉しく思う」

nba

NBAドラフト2018 全体2位指名選手マービン・バグリー三世「チームに加わって、一緒に何かを生み出すのが非常に楽しみ」

nba

NBAドラフト2018 全体1位指名選手ディアンドレ・エイトン「名前を呼ばれた瞬間は極めて刺激的だった」

nba

サンズがディアンドレ・エイトンをNBAドラフト2018 全体1位で指名

もっと見るレス
Back to Top