優勝を疑うことがなかったドレイモンド・グリーン「自分たちに何ができるか分かっている」
NBA

優勝を疑うことがなかったドレイモンド・グリーン「自分たちに何ができるか分かっている」

「僕らは自分たちの選手層を誇っている」

6月8日(日本時間9日)に行なわれたNBAファイナル2018第4戦は、ゴールデンステイト・ウォリアーズが108-85でクリーブランド・キャバリアーズを下し、2連覇を達成した。試合後、ウォリアーズのドレイモンド・グリーンがメディアとの質疑応答に応じた。

▶ NBAファイナルを観るならRakuten NBA Special

――レブロン・ジェームズとのこの4年間の対戦を振り返ってどうだったか。ファイナルのたびに対戦し、あれほど脅威となる彼との対戦は、選手として役立った?

本当に必要なのは、自分が素晴らしい選手でなければいけないと理解することだ。彼はいつも彼のチームにチャンスをもたらす存在だからね。もたついていたら、彼は勝ってしまう。シリーズを制してしまうんだ。

だから、常に緊張を保つことが非常に重要なんだ。フロアに立つたびに素晴らしくあろうとし、自分の最高のゲームをしようとしなければいけないんだ。彼はスーパーに素晴らしいタレント(才能の持ち主)だよ。もちろん、すごく賢い。だから、コートに向かうたびに、正しい姿勢で臨もうとすることが大切だ。

――自身やチームの中で、ヒューストン・ロケッツとのウェスタン・カンファレンス・ファイナルで2勝3敗となったときや、ホームでの第6戦、ロードでの第7戦でリードされたとき、優勝できないかもしれないとか、そこで終わるかもしれないと思った瞬間はあったか?

なかった。僕らは自分たちに何ができるか分かっている。ロケッツとのシリーズでは、4勝1敗で勝てると思ったときがあった。それからアンドレ(イグダーラ)が負傷して、誰もその損失を話題にしていないかのようだった。僕らがすべて解決したからだ。彼らは“ハンプトン・ファイブ”を止めることができなかった。終わったかのようだった。でもアンドレがケガをして、僕らは解決しなければいけなかった。


ゲームプランどおりにやり、自分たちの試合をすれば、あのシリーズを勝つことができると分かっていたんだ。

――過去3シーズンと比べて、レギュラーシーズンも含め、今季の特殊なプレイオフの道のりはどれほど難しかった?

すごく難しかったよ。プレイオフだけじゃない。シーズンを通じてね。優勝した次のシーズンで、82試合の1試合目からそのレベルに戻ることを期待される。すごくタフなことさ。ケビン(デュラント)も、僕も、クレイ(トンプソン)も、ステフ(ステフィン・カリー)も、ジョーダン・ベルも、それぞれいない時期があった。すべてのケガを乗り越えて、この位置に戻ろうと奮闘するのは、すごくタフなことだった。

だけど、僕らは自分たちの選手層を誇っている。シーズンのいろいろなところで、その厚みを見せられた。プレイオフになってからもね。アンドレが負傷し、ステフはプレイオフの序盤にいなかった。でも、ほかの選手たちが台頭したんだ。それが大事なことなんだよ。

[特集]NBAファイナル2018: ゴールデンステイト・ウォリアーズ vs クリーブランド・キャバリアーズ


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

レブロン・ジェームズの耳に風を吹きかけた真相をランス・スティーブンソンが明かした

nba

デマー・デローザンと新シーズンのスパーズを楽観するルディ・ゲイ

nba

パニック障害に苦しんだケビン・ラブ「死ぬんじゃないかと思った」

nba

ペイサーズのネイト・マクミランHCとビクター・オラディポの新シーズンへの期待

nba

フィリピン代表としてアジア大会に出場するジョーダン・クラークソン

nba

ジェームズ・ハーデン「カーメロ・アンソニーはフィットする」

nba

ベン・シモンズがレブロン・ジェームズの移籍について言及「彼から学べたら最高だった」

nba

来夏FAのクレイ・トンプソンがウォリアーズ残留を希望

nba

ロケッツがR.J.・ハンターを解雇

nba

スパーズ元GMのボブ・バスが逝去

nba

フアン・カルロス・ナバーロが現役引退

nba

76ersが元WNBA選手のリンジー・ハーディングをスカウトに起用

もっと見るレス
Back to Top