J.J.・バレアが2017-18シーズンのJ・ウォルター・ケネディ市民賞を受賞
NBA

J.J.・バレアが2017-18シーズンのJ・ウォルター・ケネディ市民賞を受賞

同賞は地元地域への社会貢献活動が認められた選手に贈られる

同賞は地元地域への社会貢献活動が認められた選手に贈られる

6月13日(日本時間14日)、プロバスケットボールライター協会(PBWA)は、ダラス・マーベリックスのJ.J.・バレア(ガード)を、2017-18シーズンのJ・ウォルター・ケネディ市民賞に選出した。

同賞は、地元地域への社会貢献活動に積極的に取り組んだ選手、ヘッドコーチらに贈られる。

NBAキャリア12年のバレアは、昨年の9月に発生した大型ハリケーン・マリアに襲われた母国プエルトリコのため、ハリケーン発生直後から5回に渡り救援物資を届ける活動を行なった。


救援物資調達以外にも、被災者を金銭面でサポートするため募金活動にも尽力したバレアは、個人で50万ドル(約5500万円)を寄付。また、所属チームのマブスにも協力を求め、昨年10月25日(同26日)にアメリカン・エアラインズ・センターで行なわれたメンフィス・グリズリーズ戦のチケット収入11万4000ドル(約1256万円)を追加で寄付した。

昨季の同賞最終候補には、受賞したバレアのほか、カーメロ・アンソニー(オクラホマシティ・サンダー)、ケビン・デュラント(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)、ジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)、ドウェイン・ウェイド(マイアミ・ヒート)が選出された。


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

マジックのワークアウトに参加したウェンデル・カーターJr.は、今ドラフト候補最高のビッグマンなのか?

nba

ナゲッツ2年目を迎えるモンテ・モリス、サマーリーグに向けて特訓中

nba

グリズリーズがコーチングスタッフを発表、ジェリー・スタックハウス、ニック・バンエクセルらが入閣

nba

ザック・ランドルフの弟がバーで殺害される

nba

リポート: ドラフト全体1位指名権を持つサンズ、カワイ・レナードの獲得には興味なし?

nba

ユドニス・ハズレムがヒートからの移籍を示唆「チームの勝利に貢献したい」

nba

オスカー・ロバートソンがNBA生涯功労賞を受賞へ

nba

リポート:ホークスがナゲッツとのトレードでケネス・ファリード獲得を検討か

nba

リポート:カワイ・レナードがスパーズにトレードを要求か

nba

渡邊雄太がサンズのワークアウトに参加

nba

リポート・サディアス・ヤングがFAになることを検討か

nba

リポート:キャブズとラリー・ナンスJr.が延長契約締結に関心

もっと見るレス
Back to Top