[コラム]2016-17シーズン最高のフィニッシャーは誰だ!?(マササ・イトウ)
NBA

[コラム]2016-17シーズン最高のフィニッシャーは誰だ!?(マササ・イトウ)

データを基に2016-17シーズン最高のフィニッシャーを探す

はじめに

2016-17シーズンのレギュラーシーズンが終了し、いよいよプレイオフが始まった。MVP、シックスマン賞、新人王などの候補も出揃い、今シーズンの選手の評価が一斉に行なわれる時期と言える。そんな中、今回はNBAで特に重要とされるシュートの一つ「制限エリア内シュート」に注目し、ポジション別に選手を評価していきたい。

制限エリアとは?

制限エリアとは、バスケット下の半径約1.2mの半円内のこと。ここからのシュートはほとんどがダンクかレイアップだ。今シーズンのシュート総数約21万本のうち、およそ3割に当たる約6.7万本のシュートがこのエリアで打たれていることからも、重要性がうかがえる(ちなみに平均成功率は61%)。

DAZNでNBAプレイオフをチェック!


このエリアからのシュート成功率に注目すれば、リーグ最高のフィニッシャーを見つけることもできるだろう。各選手のポジションをセンター、フォワード、ガードに分けて、トップ3の選手をそれぞれ見ていくことにする。

次のページ >>>

文: マササ・イトウ Twitter: @ma_sa_san



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

薬物規定違反から復帰後も4番手の状態が続くジョアキム・ノア「これが自分の現実」

nba

マイク・コンリーが左アキレス腱痛で離脱、復帰時期は未定

nba

サンズが3度目の対戦で今季レイカーズに初勝利、33得点のデビン・ブッカーは「負けられなかった」

nba

スパーズが23点差から逆転してサンダーに勝利、グレッグ・ポポビッチHCは選手を称賛「決して諦めず、基本的なプレイを続けたことで流れが変わった」

nba

キャブズが延長戦を制し4連勝、レブロン・ジェームズはセルティックスとの比較を気にせず「周りの意見はどうでもいい」

nba

ネッツのディアンジェロ・ラッセルが左ひざを手術、復帰時期は未定

nba

76ersがロバート・コビントンとの契約を延長

nba

セルティックスに敗れたウォリアーズ、ステフィン・カリーは「今季のファイナルで対戦するかもしれない」

nba

NBAレジェンドのディケンベ・ムトンボが来日「日本のバスケットボールリーグと今後も協力体制を維持していきたい」

nba

クリス・ポール復帰戦の前半だけで90得点を記録したロケッツ、ジェームズ・ハーデンは「スコアがおかしいんじゃないかと思った」

nba

敵地3連勝中のキャブズ、復調の秘訣は睡眠

nba

セルティックスがウォリアーズを下して14連勝、急逝した親友に勝利を捧げたジェイレン・ブラウンは「彼に導かれてプレイできた」

もっと見るレス
Back to Top