[コラム]2016-17シーズン最高のフィニッシャーは誰だ!?(マササ・イトウ)
NBA

[コラム]2016-17シーズン最高のフィニッシャーは誰だ!?(マササ・イトウ)

データを基に2016-17シーズン最高のフィニッシャーを探す

はじめに

2016-17シーズンのレギュラーシーズンが終了し、いよいよプレイオフが始まった。MVP、シックスマン賞、新人王などの候補も出揃い、今シーズンの選手の評価が一斉に行なわれる時期と言える。そんな中、今回はNBAで特に重要とされるシュートの一つ「制限エリア内シュート」に注目し、ポジション別に選手を評価していきたい。

制限エリアとは?

制限エリアとは、バスケット下の半径約1.2mの半円内のこと。ここからのシュートはほとんどがダンクかレイアップだ。今シーズンのシュート総数約21万本のうち、およそ3割に当たる約6.7万本のシュートがこのエリアで打たれていることからも、重要性がうかがえる(ちなみに平均成功率は61%)。

DAZNでNBAプレイオフをチェック!


このエリアからのシュート成功率に注目すれば、リーグ最高のフィニッシャーを見つけることもできるだろう。各選手のポジションをセンター、フォワード、ガードに分けて、トップ3の選手をそれぞれ見ていくことにする。

次のページ >>>

文: マササ・イトウ Twitter: @ma_sa_san



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

ウルブズがクリッパーズに勝利、40得点のアンドリュー・ウィギンズは「アグレッシブさを保った」

nba

激戦制したペリカンズ、デマーカス・カズンズが44得点、24リバウンド、10アシストとジャバー以来の偉業

nba

ロケッツがヒートを下して3連勝、クリス・ポールは「美しくなくても勝ちたい試合がある」

nba

ジェイソン・キッドHCを解任したバックス、後任候補10人を予想

nba

リポート: 解任されたジェイソン・キッドHCの留任を志願していたヤニス・アデトクンボ

nba

バックスがジェイソン・キッドHCを解任

nba

[丹羽政善コラム第53回]ビクター・オラディポ――遅咲きの努力家

nba

ペイサーズ戦でベンチスタートとなったトニー・パーカー「何の問題もない」

nba

クリント・カペラ「僕らはウォリアーズより強い」

nba

ペイサーズが今季のスパーズ戦でスウィープ

nba

レイカーズがニックスに勝利し、ホーム5連勝

nba

マジックがセルティックスを下し、直近20試合で3勝目

もっと見るレス
Back to Top