[コラム]2016-17シーズン最高のフィニッシャーは誰だ!?(マササ・イトウ)
NBA

[コラム]2016-17シーズン最高のフィニッシャーは誰だ!?(マササ・イトウ)

データを基に2016-17シーズン最高のフィニッシャーを探す

はじめに

2016-17シーズンのレギュラーシーズンが終了し、いよいよプレイオフが始まった。MVP、シックスマン賞、新人王などの候補も出揃い、今シーズンの選手の評価が一斉に行なわれる時期と言える。そんな中、今回はNBAで特に重要とされるシュートの一つ「制限エリア内シュート」に注目し、ポジション別に選手を評価していきたい。

制限エリアとは?

制限エリアとは、バスケット下の半径約1.2mの半円内のこと。ここからのシュートはほとんどがダンクかレイアップだ。今シーズンのシュート総数約21万本のうち、およそ3割に当たる約6.7万本のシュートがこのエリアで打たれていることからも、重要性がうかがえる(ちなみに平均成功率は61%)。

DAZNでNBAプレイオフをチェック!


このエリアからのシュート成功率に注目すれば、リーグ最高のフィニッシャーを見つけることもできるだろう。各選手のポジションをセンター、フォワード、ガードに分けて、トップ3の選手をそれぞれ見ていくことにする。

次のページ >>>

文: マササ・イトウ Twitter: @ma_sa_san



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

[コラム]サンダーファンのイラストレーター、ナナエさんがサンダー戦を観戦

nba

序盤にリードを広げたロケッツが2連勝、第2戦で挽回したクリス・ポールは「テンポを上げて積極的にプレイしようとした」

nba

ジャズが敵地での第2戦を制す、クイン・スナイダーHCは新人ドノバン・ミッチェルを「けがをしているようには見えなかった」と称賛

nba

キャブズが辛くも逃げ切りイーブンに、46得点のレブロン・ジェームズは「ラッキーだった」

nba

ジョエル・エンビード、ファーストラウンド第3戦の出場は微妙

nba

グレッグ・ポポビッチHCの夫人が逝去

nba

[杉浦大介コラム第81回]3x3ディベート: クリーブランド・キャバリアーズの“今”を3人の識者が分析

nba

ペリカンズが接戦を制し、敵地で連勝スタート

nba

若手の活躍でセルティックスがバックスに連勝

nba

ラプターズがウィザーズとの第2戦に連勝、チーム史上初となるシリーズ2勝0敗のリードを奪う

nba

10月にNBAチャイナゲームズ2018開催決定、マーベリックスと76ersが中国へ

nba

ステフィン・カリーがジャージー売り上げ3シーズン連続トップ

もっと見るレス
Back to Top