[コラム]2016-17シーズン最高のフィニッシャーは誰だ!?(マササ・イトウ)
NBA

[コラム]2016-17シーズン最高のフィニッシャーは誰だ!?(マササ・イトウ)

データを基に2016-17シーズン最高のフィニッシャーを探す

はじめに

2016-17シーズンのレギュラーシーズンが終了し、いよいよプレイオフが始まった。MVP、シックスマン賞、新人王などの候補も出揃い、今シーズンの選手の評価が一斉に行なわれる時期と言える。そんな中、今回はNBAで特に重要とされるシュートの一つ「制限エリア内シュート」に注目し、ポジション別に選手を評価していきたい。

制限エリアとは?

制限エリアとは、バスケット下の半径約1.2mの半円内のこと。ここからのシュートはほとんどがダンクかレイアップだ。今シーズンのシュート総数約21万本のうち、およそ3割に当たる約6.7万本のシュートがこのエリアで打たれていることからも、重要性がうかがえる(ちなみに平均成功率は61%)。

DAZNでNBAプレイオフをチェック!


このエリアからのシュート成功率に注目すれば、リーグ最高のフィニッシャーを見つけることもできるだろう。各選手のポジションをセンター、フォワード、ガードに分けて、トップ3の選手をそれぞれ見ていくことにする。

次のページ >>>

文: マササ・イトウ Twitter: @ma_sa_san



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

[コラム]カイリー・アービング、驚異の1on1能力(佐々木クリス/WOWOW NBA ONLINE)

nba

『NBA LIVE Mobile』攻略ガイド:ロスター強化への道 前編(大西玲央)

nba

ニッキー・ミナージュが『NBAアウォードショー』に出演

nba

ウォリアーズGM「スティーブ・カーHCの健康状態は以前と変わらず」

nba

ドラフト指名候補ロンゾ・ボール、セルティックスのワークアウトを「丁重にお断り」

nba

キャブズがセルティックスを4勝1敗で下し、3年連続となるNBAファイナル進出

nba

NBAファイナル2017日程

nba

73選手が2017 NBAドラフト・アーリーエントリーを取り下げ

nba

マジック・ジョンソン「レイカーズでアンタッチャブルな選手はひとりだけ」

nba

ケビン・デュラント、昨夏の決断は「100%正しかった」

nba

グレッグ・ポポビッチHC、ティム・ダンカン引退後初のシーズンを終え「チームが成し遂げたことは称賛に値する」

nba

リポート:クリス・ボッシュとヒートが契約解除に合意

もっと見るレス
Back to Top