[コラム]2016-17シーズン最高のフィニッシャーは誰だ!?(マササ・イトウ)
NBA

[コラム]2016-17シーズン最高のフィニッシャーは誰だ!?(マササ・イトウ)

データを基に2016-17シーズン最高のフィニッシャーを探す

はじめに

2016-17シーズンのレギュラーシーズンが終了し、いよいよプレイオフが始まった。MVP、シックスマン賞、新人王などの候補も出揃い、今シーズンの選手の評価が一斉に行なわれる時期と言える。そんな中、今回はNBAで特に重要とされるシュートの一つ「制限エリア内シュート」に注目し、ポジション別に選手を評価していきたい。

制限エリアとは?

制限エリアとは、バスケット下の半径約1.2mの半円内のこと。ここからのシュートはほとんどがダンクかレイアップだ。今シーズンのシュート総数約21万本のうち、およそ3割に当たる約6.7万本のシュートがこのエリアで打たれていることからも、重要性がうかがえる(ちなみに平均成功率は61%)。

DAZNでNBAプレイオフをチェック!


このエリアからのシュート成功率に注目すれば、リーグ最高のフィニッシャーを見つけることもできるだろう。各選手のポジションをセンター、フォワード、ガードに分けて、トップ3の選手をそれぞれ見ていくことにする。

次のページ >>>

文: マササ・イトウ Twitter: @ma_sa_san



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

[2017-18シーズン戦力分析]ヒューストン・ロケッツ

nba

バックスがジェイソン・テリーと再契約

nba

ユーロバスケットで輝いたキングスの新人ボグダン・ボグダノビッチ

nba

カイリー・アービング、レブロン・ジェームズに退団を伝えなかったことに後悔なし

nba

ユーロバスケットで銅メダルのマルク・ガソル、早くもNBAに切り替え

nba

[2017-18シーズン戦力分析]ボストン・セルティックス

nba

スロベニアがセルビアを下し欧州選手権初優勝

nba

エネス・カンターが肉体改造を行ない減量に成功

nba

[2017-18シーズン戦力分析]クリーブランド・キャバリアーズ

nba

マブス、20年目を迎えるダーク・ノビツキーの出場時間を今季も制限する意向

nba

[ギャラリー]ナイキ製ステイトメント・エディションユニフォーム

nba

ニックスがジャレット・ジャックと契約

もっと見るレス
Back to Top