ビッグ3だけで合計101得点、キャブズがレイカーズを下しプレイオフ進出を決める

ビッグ3だけで合計101得点、キャブズがレイカーズを下しプレイオフ進出を決める

アービングは46得点、ジェームズは34得点、ラブは21得点、レイカーズは5連敗

3月19日(日本時間20日)にステイプルズ・センターで行なわれたクリーブランド・キャバリアーズ対ロサンゼルス・レイカーズの一戦は、ビッグ3(カイリー・アービング、レブロン・ジェームズ、ケビン・ラブ)だけで合計101得点を記録したキャブズが125-120で勝利した。

前日のロサンゼルス・クリッパーズ戦を休養のために欠場したビッグ3が揃い踏みしたにもかかわらず、キャブズは第4クォーター序盤の時点で11点(83-94)のビハインドを背負っていた。しかし、リチャード・ジェファーソンの連続6得点を起点に火が点き、残り5分6秒までに104-104の同点に追いつく。その後はアービングとジェームズを中心に21-16で上回って勝負を決め、プレイオフ進出を確定させている。

ジェームズは試合後「チームがリズムを崩してしまったというのもあったけれども、相手は非常に上手くショットを決めていた」と勝った。

「相手の猛攻に耐える方法を見つけないといけなかった。(レイカーズは)とても良いプレイをしている。20勝のチームには見えない」。


キャブズ(46勝23敗)はアービングが46得点、ジェームズが34得点、6リバウンド、7アシスト、ラブが21得点、15リバウンドで勝利に貢献した。

5連敗のレイカーズ(20勝50敗)は、ディアンジェロ・ラッセルが自己最多40得点、ジョーダン・クラークソンが19得点、ブランドン・イングラムが18得点をあげている。

ボックススコア



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

主力欠くも7連勝のウォリアーズ、28得点のケビン・デュラントは「勝ち続けたいならこれが必要」

nba

ロケッツがペリカンズを下して10連勝、自己最多28得点のクリント・カペラは「もっとうまく」

nba

カイリー・アービング欠場のセルティックスが黒星、ブラッド・スティーブンズHCは「支配された」

nba

マット・バーンズが自身のインスタグラムで引退を表明

nba

絶好調ビクター・オラディポ、トレード相手となったポール・ジョージとの比較は「もううんざり」

nba

『NBA 2K League』の公式ロゴがお披露目

nba

ウルブズが接戦を制し約1か月ぶりの連勝

nba

ペイサーズが4連勝、自己最多47得点のビクター・オラディポは「チームメイトがプレイを簡単にしてくれている」

nba

ラプターズが今季最長の6連勝、25得点のデマー・デローザンは「アグレッシブにプレイした」

nba

[宮地陽子コラム第85回]ジャマール・クロフォードがシアトルの先輩から学んだ“メンター”を持つことの重要性

nba

セルティックスが堅守でピストンズに勝利、カイリー・アービングは「チームのアイデンティティを構築したい」

nba

ロケッツ、ネネの出場機会を増やす方法を模索中

もっと見るレス
Back to Top