ジェームズ・ハーデンが2試合連続トリプルダブル、ロケッツが9連勝

ジェームズ・ハーデンが2試合連続トリプルダブル、ロケッツが9連勝

ハーデンは直近7試合で5回目のトリプルダブル、連勝期間中平均32.4得点、11.4アシスト、9.9リバウンドの大活躍

1月10日(日本時間11日)にトヨタ・センターで行なわれたシャーロット・ホーネッツ対ヒューストン・ロケッツの一戦は、ジェームズ・ハーデンが40得点、15リバウンド、10アシストで2試合連続のトリプルダブルを達成し、ロケッツが121-114で勝利した。

1月8日(同9日)のトロント・ラプターズ戦(129-122でロケッツ勝利)でも40得点、10リバウンド、11アシストを記録したハーデンは、ピート・マラビッチ、マイケル・ジョーダン、ラッセル・ウェストブルックに次いでNBA史上4人目の2試合連続40得点、10リバウンド、10アシスト以上をマークした選手となった。またハーデンは、直近7試合で5回目のトリプルダブルを達成。連勝期間中平均32.4得点、11.4アシスト、9.9リバウンドという大車輪の活躍を見せている。

ハーデンは好調の要因について、「正しいプレイ、アンセルフィッシュなプレイができていれば、数字はついてくる」と、語った。

「(トリプルダブルについては)考えていない。そうなったらそうなっただけのこと。何よりも大事なのは勝利だから。昨季とは真逆の結果を残せている。だから(勝利と)凄い結果を残せるはずさ」。


9連勝のロケッツ(31勝9敗)は、ハーデンのほか、トレバー・アリーザが16得点、コーリー・ブリュワーが15得点、モントレズ・ハレルが14得点、ライアン・アンダーソンが13得点を記録した。

3連敗のホーネッツ(20勝19敗)は、ケンバ・ウォーカーが25得点、10アシスト、フランク・カミンスキーが22得点、マービン・ウィリアムズとスペンサー・ホーズがそれぞれ16得点、マルコ・ベリネリが15得点、ジェレミー・ラムが11得点をあげている。

ボックススコア



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

NBAがポール・ジョージとのタンパリング疑惑でレイカーズを調査開始

nba

ジョアキム・ノアが静寂を破り、フィル・ジャクソンやニックスについて心境を語った

nba

渡嘉敷来夢がシカゴ・スカイ戦でベンチ出場から6得点

nba

リポート:クリッパーズが新GMとしてサンダー役員のマイケル・ウィンガーを招聘する意向

nba

ポール・ピアース 名場面トップ5

nba

ティム・ハーダウェイJr.のニックス復帰を喜ぶアラン・ヒューストン

nba

新人王は誰の手に? オッズメーカーの数字はベン・シモンズとロンゾ・ボールが優勢

nba

ユドニス・ハズレムがドウェイン・ウェイドの噂について言及「チームに迎えたい」

nba

セルティックスがポール・ピアースの背番号34永久欠番化を発表

nba

マルク・ガソル、補強が進まなければ2年後グリズリーズを退団する可能性も

nba

ケビン・デュラントがカイリー・アービング問題について言及「NBAでは普通のこと」

nba

『NBA LIVE Mobile バスケットボール』、10月の大型アップデートに向けて「シーズンスコア」がスタート

もっと見るレス
Back to Top