若手の活躍でセルティックスがバックスに連勝

若手の活躍でセルティックスがバックスに連勝

ジェイレン・ブラウンが30得点、テリー・ロジアーが23得点と若手が躍動

4月17日(日本時間18日)にTDガーデンで行なわれたNBAプレイオフ2018、ミルウォーキー・バックスとボストン・セルティックスによるイースタン・カンファレンス・ファーストラウンド第2戦は、ジェイレン・ブラウンが自身のプレイオフキャリア最多となる30得点を記録し、セルティックスが120-106で勝利した。

NBAをライブ視聴するならRakuten NBA Special

セルティックスは試合を通してわずか7ターンオーバーとミスを最小限に抑えることで勝利を引き寄せた。カイリー・アービング、ゴードン・ヘイワードを怪我で欠きながらもセルティックスは連勝でプレイオフをスタートしている。

第4クォーターには最大20点差をつけていたセルティックスだったが、バックスに残り4分13秒で107-97まで追い上げられた。しかしそこからセルティックスがブラウンの3ポイントショットなどを含む11-2のスコアで、118-99とリードを再び広げた。

ブラウンはセルティックスが「今までで一番自信に溢れている」と語った。

「今年はずっと周りからダメだと言われてきた。そしてそういった人たちが間違っていると証明し続けている。それをやり続けるよ」。

セルティックスはテリー・ロジアーが23得点し、2試合連続で0ターンオーバーで終わった。ロジアーは「とにかく自信があるんだ」と話している。

「チームメイトたちとコーチは、僕がしっかりと司令塔の役割をこなすと信頼してくれている。ボールをしっかりと守って、味方がオープンになれるよう尽力する」。

バックスはヤニス・アデトクンボが30得点、9リバウンド、8アシスト、クリス・ミドルトンが25得点したものの、ベンチからの得点がセルティックスに25-41と圧倒されてしまった。

ボックススコア

[特集]NBAプレイオフ2018


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

マジックのワークアウトに参加したウェンデル・カーターJr.は、今ドラフト候補最高のビッグマンなのか?

nba

ナゲッツ2年目を迎えるモンテ・モリス、サマーリーグに向けて特訓中

nba

グリズリーズがコーチングスタッフを発表、ジェリー・スタックハウス、ニック・バンエクセルらが入閣

nba

ザック・ランドルフの弟がバーで殺害される

nba

リポート: ドラフト全体1位指名権を持つサンズ、カワイ・レナードの獲得には興味なし?

nba

ユドニス・ハズレムがヒートからの移籍を示唆「チームの勝利に貢献したい」

nba

オスカー・ロバートソンがNBA生涯功労賞を受賞へ

nba

リポート:ホークスがナゲッツとのトレードでケネス・ファリード獲得を検討か

nba

リポート:カワイ・レナードがスパーズにトレードを要求か

nba

渡邊雄太がサンズのワークアウトに参加

nba

リポート・サディアス・ヤングがFAになることを検討か

nba

リポート:キャブズとラリー・ナンスJr.が延長契約締結に関心

もっと見るレス
Back to Top