ミスがキャブズの活力に? 危険な立場に置かれたセルティックス
NBA

ミスがキャブズの活力に? 危険な立場に置かれたセルティックス

3試合で2勝するのはセルティックスか、キャバリアーズか

ボストン・セルティックスのブラッド・スティーブンズ・ヘッドコーチは、審判団への不満を口にしなかった。パニックになることもなく、言い訳もしなかった。

セルティックスは5月21日(日本時間22日)、クイックン・ローンズ・アリーナで行なわれたプレイオフ・カンファレンス・ファイナル第4戦で、クリーブランド・キャバリアーズに102-111で敗れた。

スティーブンズHCは「本当に良いチームで、我々にも勢いはあった」と述べつつ、2つの致命的な3分間が痛かったと振り返っている。

「それらのクォーター終盤に、以前のような勢いを出せなかった」。

▶ NBAプレイオフを観るならRakuten NBA Special

スティーブンズHCの見解は正しい。キャバリアーズは鍵となった時間帯に16-5と引き離しているのだ。それらが違いとなり、キャバリアーズはシリーズを2勝2敗のタイへと戻し、TDガーデンで23日(同24日)に行なわれる第5戦に向かうこととなった。

セルティックスにとって朗報は、今季のプレイオフはホームで9戦全勝しており、さらにホームコートアドバンテージも手にしているということ。良くない知らせは、ロードで1勝6敗を喫しており、25日(同26日)の第6戦でクイックン・ローンズ・アリーナに戻ってこなければいけない点だ。セルティックスは残り3試合でレブロン・ジェームズ率いるキャバリアーズに2勝しなければいけない。

セルティックスはロードで勝たなければいけないわけではない。だが、この連勝で力を取り戻したキャバリアーズを相手に、何かがうまくいかなければ、(第6戦で)ボストン以外での勝利が必要となるかもしれないのだ。ジェームズは第4戦で44得点を記録しており、40点超えは今季のプレイオフで6回目となる。

ここ2試合のセルティックスは、第1クォーターで苦戦してきた。86-116で敗れた第3戦は15点差をつけられ、第4戦も18-34と16点のビハインドを背負っている。一方、ジェームズは第1Qだけで11得点をマークした。ケビン・ラブのタッチダウンパスからのレイアップもその一つだ。

対するセルティックスは、第1Qのフィールドゴール成功率が26.9%。マーカス・モリスはファウルを3つも犯した。第3戦でスティーブンズHCが指摘した連携の問題も再び顔をのぞかせ、前半は5人のスターターがFG37本中14本成功(成功率37.8%)にとどまっている。

スティーブンズHCは「後半はかなりよく守れるようになった」と述べた。

「スターター全員がプレイし、守備でもっとやらなければ。前半の我々はそうでなかった」。


反対に、キャバリアーズはロールプレイヤーたちが再び活躍。カイル・コーバーは前半12分間のプレイだけで14得点を記録し、トリスタン・トンプソンもアル・ホーフォードをマークしながら13得点、12リバウンドをマークしている。キャバリアーズのFG成功率は50.6%にのぼった。

セルティックスは挽回しようとするたびに、ジェームズに突き放された。

●第2Qにジェイレン・ブラウンがチーム5本目の3ポイントショットを決め、点差を一桁にしたが、ジェームズの連続得点で46-59と押し戻され、15点のビハインドを背負って前半を終えた。

●第3Q残り9分11秒にも9点差まで迫ったが、再びジェームズに連続得点を許した。残り7分40秒にラブが5つ目のファウルを犯したが、1分と経たないうちにセルティックスもモリスが5つ目のファウル。両軍合計17のファウルを記録したこの第3Qを終え、セルティックスは13点差をつけられていた。

●第4Qに15点ビハインドから連続8得点で7点差まで詰め寄ったが、残り6分25秒にラブの得点を許すと、さらにジェームズのレイアップで89-100と再び二桁点差に引き離された。

セルティックスはそれらのチャンスを逸し、3年連続イースタン・カンファレンス王者との“ショートシリーズ”に直面することとなった。ただ、キャバリアーズの緊張も小さくはないだろう。23日の第5戦でセルティックスが勝てば、第6戦はフリーエージェントとなるジェームズにとってキャバリアーズでのラストゲームとなるかもしれないのだ。

だが、もしも第5戦で勝てば、キャバリアーズはNBAファイナルへの切符をかけて第6戦を戦うことになる。それはキャバリアーズに新たな活力を与えることだろう。そして、セルティックスにとっては最も恐ろしい事態となる。セルティックスはどこかで突き抜けなければいけない。特に、第4Q最後の3分間になればなおさらだ。

スティーブンズHCは「3試合で2勝したチームがNBAファイナルに進む」と述べた。

「これ以上はないだろう。結局のところ、この勝負がタフなものにならないと誰か思っていただろうか。タフな戦いになるのさ」。

原文: Celtics' mistakes give Cavs new life, leaving Boston in precarious position by Sporting News(抄訳)


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

ロケッツがR.J.・ハンターを解雇

nba

スパーズ元GMのボブ・バスが逝去

nba

フアン・カルロス・ナバーロが現役引退

nba

76ersが元WNBA選手のリンジー・ハーディングをスカウトに起用

nba

リポート:ヒートはライアン・アンダーソンの獲得に関心なし

nba

ステフィン・カリー「ウォリアーズで引退したい」

nba

[ギャラリー]ラッセル・ウェストブルック来日 代々木公園バスケットボールコート

nba

シーズン全休から復帰するブランドン・ナイト「チームの助けになる方法はわかっている」

nba

[ギャラリー]ラッセル・ウェストブルック来日ポートレイト

nba

ジャバリ・パーカーはブルズでかつての姿を取り戻せるか?

nba

ジャズがアイザック・ハイスと契約

nba

リポート:ユドニス・ハズレムがヒートとの再契約に前向きか

もっと見るレス
Back to Top