キャバリアーズが延長戦を制しラプターズとの東準決勝第1戦に勝利、レブロン・ジェームズはトリプルダブルを記録

キャバリアーズが延長戦を制しラプターズとの東準決勝第1戦に勝利、レブロン・ジェームズはトリプルダブルを記録

レブロン・ジェームズは26得点、13アシスト、11リバウンドのトリプルダブル

5月1日(日本時間5月2日)にエア・カナダ・センターで行なわれたNBAプレイオフ2018、クリーブランド・キャバリアーズとトロント・ラプターズによるイースタン・カンファレンス・セミファイナル第1戦は、レブロン・ジェームズがトリプルダブルを記録し、キャバリアーズが113-112のスコアで延長までもつれる接戦を制した。

NBAをライブ視聴するならRakuten NBA Special

キャブズは第1クォーターを14点リードされる形で終え、第4クォーター終盤まで常にリードされていた。しかし同クォーター最後の92秒でジェームズが2本のシュートを決め、オーバータイムへと持ち込んだ。

延長ではカイル・コーバーが逆転3ポイントショットを決め、キャブズが108-105とこの試合初めてのリードを奪った。残り57秒でラプターズのカイル・ラウリーに3ポイントプレイを決められて113-112と1点差に迫られたものの、そこからキャブズが逃げ切った。

26得点、13アシスト、11リバウンドと大活躍だったジェームズは「1ポゼッション、2ポゼッションが重要な試合になった」と話した。

「あの状況が一番好きなんだ」。

キャブズはジェームズのほか、JR・スミスが20得点、コーバーが19得点、トリスタン・トンプソンが14得点、12リバウンドを記録した。ジェームズは「今日はチームメイトが素晴らしかった」と彼らの活躍を褒め称えた。


「僕がベストなプレイができていないときに、彼らはステップアップしてくれた」。

一方のラプターズはデマー・デローザンが22得点、ヨナス・バランチュナスが21得点、21リバウンドと活躍したものの、第4クォーターのシュートが24本中5本しか決まらず、ホームで痛い逆転負けを喫してしまった。

第2戦は3日(同4日)に同地で行なわれる。

ボックススコア

[特集]NBAプレイオフ2018


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

マジックのワークアウトに参加したウェンデル・カーターJr.は、今ドラフト候補最高のビッグマンなのか?

nba

ナゲッツ2年目を迎えるモンテ・モリス、サマーリーグに向けて特訓中

nba

グリズリーズがコーチングスタッフを発表、ジェリー・スタックハウス、ニック・バンエクセルらが入閣

nba

ザック・ランドルフの弟がバーで殺害される

nba

リポート: ドラフト全体1位指名権を持つサンズ、カワイ・レナードの獲得には興味なし?

nba

ユドニス・ハズレムがヒートからの移籍を示唆「チームの勝利に貢献したい」

nba

オスカー・ロバートソンがNBA生涯功労賞を受賞へ

nba

リポート:ホークスがナゲッツとのトレードでケネス・ファリード獲得を検討か

nba

リポート:カワイ・レナードがスパーズにトレードを要求か

nba

渡邊雄太がサンズのワークアウトに参加

nba

リポート・サディアス・ヤングがFAになることを検討か

nba

リポート:キャブズとラリー・ナンスJr.が延長契約締結に関心

もっと見るレス
Back to Top