76ersがセルティックスから今季初勝利

76ersがセルティックスから今季初勝利

アイザイア・トーマスは負傷欠場

3月19日(日本時間20日)にウェルズ・ファーゴ・センターで行なわれたボストン・セルティックス対フィラデルフィア・76ersの一戦は、終盤までもつれた攻防を制した76ersが105-99で勝利した。
 
この日のセルティックスは右ひざの骨挫傷で休養中のアイザイア・トーマスを欠き、序盤から苦しい展開に。それでもアル・ホーフォードの27得点を筆頭に持ち味のチームバスケットを披露すると、第3クォーターには一時リードを最大13点(69-56)にまで広げ、勝負を決めたかに思われた。
 
しかし第3Q後半から76ersが猛反撃を開始。同Q終了までに3点差(76-79)にまで詰め寄ると、第4Qを29-20で上回り、直近4試合で3勝目をあげている。
 
23得点、6リバウンド、4アシストの活躍で勝利に貢献したサリッチは、今季のセルティックス戦初勝利について「やっと勝てたよ」と語った。

76ers(26勝43敗)はサリッチのほか、ロバート・コビントンが16得点、8リバウンドを記録した。
 
連勝が3で途絶えたセルティックス(44勝26敗)はホーフォードのほか、ジェイ・クロウダーが15得点、7リバウンド、テリー・ロジアーが14得点、10リバウンド、エイブリー・ブラッドリーが13得点、ケリー・オリニクが12得点をあげている。


ボックススコア



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

NBAがポール・ジョージとのタンパリング疑惑でレイカーズを調査開始

nba

ジョアキム・ノアが静寂を破り、フィル・ジャクソンやニックスについて心境を語った

nba

渡嘉敷来夢がシカゴ・スカイ戦でベンチ出場から6得点

nba

リポート:クリッパーズが新GMとしてサンダー役員のマイケル・ウィンガーを招聘する意向

nba

ポール・ピアース 名場面トップ5

nba

ティム・ハーダウェイJr.のニックス復帰を喜ぶアラン・ヒューストン

nba

新人王は誰の手に? オッズメーカーの数字はベン・シモンズとロンゾ・ボールが優勢

nba

ユドニス・ハズレムがドウェイン・ウェイドの噂について言及「チームに迎えたい」

nba

セルティックスがポール・ピアースの背番号34永久欠番化を発表

nba

マルク・ガソル、補強が進まなければ2年後グリズリーズを退団する可能性も

nba

ケビン・デュラントがカイリー・アービング問題について言及「NBAでは普通のこと」

nba

『NBA LIVE Mobile バスケットボール』、10月の大型アップデートに向けて「シーズンスコア」がスタート

もっと見るレス
Back to Top