ブレイザーズのC.J.・マッカラムがMIP賞を受賞
NBA

ブレイザーズのC.J.・マッカラムがMIP賞を受賞

ブレイザーズからの受賞はケビン・ダックワース(1987-88)、ザック・ランドルフ(2003-04)以来となる球団史上3人目


4月22日、NBAはポートランド・トレイルブレイザーズのC.J.・マッカラムを2015-16シーズンのKia NBA Most Improved Player Award(MIP賞)に選出した。ブレイザーズからの受賞は、ケビン・ダックワース(1987-88)、ザック・ランドルフ(2003-04)以来となる球団史上3人目となる。

マッカラムは、130人のメディア関係者による投票で合計559ポイント(1位票101)を獲得した。2位はシャーロット・ホーネッツのケンバ・ウォーカー(166ポイント/1位票7)、3位はミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボ(99ポイント/1位票4)だった。

投票は各投票者が1~3位の選手を選び、1位票5ポイント、2位票3ポイント、3位票1ポイントを付与。最も合計ポイントの高い選手が同賞に選出される。

今季が3年目のマッカラムは、キャリアハイとなる1試合平均20.8得点(NBA18位)を記録。昨季の平均得点(6.8)から一挙14得点も増加させた。2シーズン連続してレギュラーシーズン40試合以上に出場した選手の中では、1988-89シーズンの平均6.2得点から翌1989-90シーズンに17点アップの平均23.2得点を記録したトニー・キャンベル以降最大の増加幅となっている。また、マッカラムは今季フィールドゴール成功率(44.8%)、3ポイントシュート成功率(41.7%/NBA8位)、アシスト(4.3)、リバウンド(3.2)で自己最多の数字をマークし、ブレイザーズの3シーズン連続プレイオフ進出に貢献した。


昨季は62試合(先発3試合)に出場し、18試合で二桁得点、3試合で20得点以上を記録したが、今季は出場した80試合中79試合で二桁得点、40試合で20得点以上、8試合で30得点以上をマーク。年間3P成功数もNBA9位となる197本を記録している。


昨季から大きく躍進した選手に贈られるMIP賞に輝いたC.J.・マッカラム


投票結果

選手(チーム) 1位票 2位票 3位票 合計
C.J.・マッカラム
(ブレイザーズ)
101 14 12 559
ケンバ・ウォーカー
(ホーネッツ)
7 37 20 166
ヤニス・アデトクンボ
(バックス)
4 17 28 99
ステフィン・カリー
(ウォリアーズ)
7 13 9 83
ウィル・バートン
(ナゲッツ)
1 16 9 62
ジェイ・クロウダー
(セルティックス)
1 8 16 45
ドレイモンド・グリーン
(ウォリアーズ)
2 10 3 43
アイザイア・トーマス
(セルティックス)
3 3 6 30
ハッサン・ホワイトサイド
(ヒート)
1 6 3 26
カワイ・レナード
(スパーズ)
1 2 7 18
アンドレ・ドラモンド
(ピストンズ)
1 1 3 11
ゲーリー・ハリス
(ナゲッツ)
1 - 1 6
ケント・ベイズモア
(ホークス)
- 1 1 4
エバン・フォーニエ
(マジック)
- - 4 4
ロドニー・フッド
(ジャズ)
- 1 - 3
ラッセル・ウェストブルック
(サンダー)
- 1 - 3
レジー・ジャクソン
(ピストンズ)
- - 3 3
イアン・マヒンミ
(ペイサーズ)
- - 3 3
ザック・ラビーン
(ウルブズ)
- - 1 1
カイル・ラウリー
(ラプターズ)
- - 1 1

Photo by Blazers.com

>>>  NBA 2015-16シーズン アウォード受賞者一覧



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

セルティックスが第5戦に勝利しファイナル進出に王手をかける

nba

2017-18 NBAオールディフェンシブチーム発表、ルディ・ゴベアは2年連続でファーストチームに選出

nba

NBAレジェンドのディケンベ・ムトンボがセイガー・ストロング賞を受賞へ

nba

バックスのスターリング・ブラウンがミルウォーキー市警を告訴へ

nba

ジェイソン・テイタムが満票でのオールルーキー・1stチーム選出にならなかったことにスティーブンズHCが不満

nba

ウェスタン・カンファレンス決勝、ロケッツが接戦を制し2勝2敗に

nba

ジョージ・ワシントン大学を卒業した渡邊雄太がネッツのワークアウトに参加

nba

2017-18 NBAオールルーキーチーム発表、ドノバン・ミッチェルとベン・シモンズが満票でファーストチーム入り

nba

ミスがキャブズの活力に? 危険な立場に置かれたセルティックス

nba

ロケッツのジェームズ・ハーデン、ウォリアーズとの第3戦のチームのプレイについて「貧弱すぎた」

nba

ウォリアーズのアンドレ・イグダーラ、ロケッツとの第4戦出場に黄信号

nba

ペリカンズのアルビン・ジェントリーHC、フリーエージェントになるデマーカス・カズンズについて「取り戻したい」

もっと見るレス
Back to Top