アンソニー・デイビス「目標はオールスターMVP」
NBA

アンソニー・デイビス「目標はオールスターMVP」

「ニューオーリンズでプレイできることに興奮している」

2月19日(同20日)にニューオーリンズのスムージー・キング・センターで開催されるNBAオールスター2017を前に、ニューオーリンズ・ペリカンズのアンソニー・デイビスが2月14日(同15日)に行なわれたグローバルコールに参加し、オールスターゲームに関する質問に答えた。


――今回のオールスターで最も注目されるマッチアップの一つは、あなたとヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)の対戦です。2人とも今季は素晴らしい活躍ですが、彼とのマッチアップについてどう思う?
これはオールスターゲームだから、僕たちはコートで楽しむだけ。第4クォーターまでは真剣な感じにならないと思う。誰もけがをしたくはないしね。これは楽しむための試合だから。彼とは今季2度対戦した。凄く上手い選手だよ。多くのことをチームにもたらしている。ボールを持って、テンポを上げて、オープンなチームメイトを見つけてパスを供給している。きっと面白いマッチアップになるよ。楽しみにしている。

――あなたはこれまでも素晴らしいプレイをしているが、NBA入りしてからプレイオフに進出したのは一度のみ。プレイオフでの経験を積むため、選手として成長するため、環境の変化が必要と感じたことはある?
今のチームが好きなんだ。僕たちは常に負傷者に泣かされている。主力がけがで離脱すれば試合に勝つのは難しい。それでも勝つ方法を見つけないといけない。僕たちにはプレイオフ進出を狙えるだけの力があるんだ。今季だって、どのチームとだって戦えるだけの力を何試合かで見せられた。リーグのどのチームとも戦えるだけの力はあるけれど、健康な状態を維持する方法を見つけないといけない。それが必要なことなんだ。

――オールスターゲームのMVP獲得が今週末の目標?
そうだね。もちろんMVPを狙うよ。ニューオーリンズでの開催だから、ベストを尽くす。MVP獲得を狙ってプレイすることが目標の一つだね。

――初めてオールスターに出場したのもニューオーリンズでの大会でした。そのときと比べて今の自分に変化は見られる?
(ニューオーリンズで開催された前回の)オールスターに出場したときは、あまり出場時間が得られなかった。それでもファンの皆は僕が出場したことを評価してくれたんだ。2014年のときほどクレージーな感じにはならないだろうけれどね。ニューオーリンズでプレイできることに興奮しているよ。ホームのファンと、家族や友人の前でプレイできるのだから、僕にとって特別なものになる。


――今年もスキルズチャレンジに出場することなった感想は?
去年が楽しかったからね。去年から今の方式(ガード4選手、フロントコート4選手による1対1の勝ち上がり方式)になって、自分にとっても今までと異なる経験だった。今年も楽しむつもりだし、勝てるよう努力するよ。まずはオールスターウィークエンドを楽しむさ。

――現代のNBAではクリスタプス・ポルジンギス(ニューヨーク・ニックス)、カール・アンソニー・タウンズ(ミネソタ・ティンバーウルブズ)、デマーカス・カズンズ(サクラメント・キングス)、それにあなたを含めて優秀なビッグマンが揃っている。現在NBAでベストなビッグマンは誰だと思う?
自分と言うね。他の選手よりも自分が優れていると言うつもりはないよ。自分は、そういう考え方ではないんだ。ただ、僕たちは同じようにショットも決められて、ハンドリングもできて、プレイメーカーにもなれて、リバウンドも取れる。彼ら3人と対戦できるのはいつだって楽しい。どういう結果になるか誰にもわからないからね。最近だと、数日前にミネソタでカールと対戦した。彼らとの対戦は常に面白いんだ。彼らと僕はプレイスタイルも近いし、彼らもコートでのプレイでビッグマンのプレイに変化を与えている選手たちだから。


[特集]NBAオールスター2017 in ニューオーリンズ



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

76ersが2012年以来となるカンファレンス準決勝進出

nba

マーカス・スマートが復帰したセルティックスが勝利し、3勝2敗とリード

nba

ラッセル・ウェストブルックに1万ドルの罰金とテクニカルファウルの処分

nba

236選手がNBAドラフト2018にアーリーエントリー

nba

ジャズが3連勝で突破に王手、33得点のドノバン・ミッチェルはレジェンドに続く記録に「光栄なこと」

nba

左足首を手術していたダーク・ノビツキー、来季のプレイに意欲

nba

ラプターズとのシリーズを2勝2敗に戻したウィザーズ、ケリー・ウーブレイJr.が活躍

nba

Jr. NBA世界選手権の放映権で『FOX Sports』と合意

nba

ロケッツが圧勝で突破に王手、36得点のジェームズ・ハーデンは「アグレッシブなメンタリティーだった」

nba

マヌ・ジノビリとトニー・パーカーがプレイオフ史上最多勝利を記録したデュオに

nba

キャブズが終盤のランでリードを広げ勝利、対戦成績を2勝2敗に

nba

ウィザーズが連勝で2勝2敗のタイに、ジョン・ウォールは「ブラッドリーがいなくなったら自分が何とかしないといけない」

もっと見るレス
Back to Top