2018 NBAプレイオフ1回戦のカードが確定
NBA

2018 NBAプレイオフ1回戦のカードが確定

ヒューストン・ロケッツがリーグ最高勝率をマークし、プレイオフ全体のホームコートアドバンテージを獲得

4月11日(日本時間12日)、2018 NBAプレイオフに進出する16チームのファーストラウンド(1回戦)全8カードが確定した。

2017-18レギュラーシーズンの全日程を終えたNBAは、ウェスタン・カンファレンスに属するヒューストン・ロケッツが、リーグ最高成績となる65勝17敗(.793)でリーグ首位を獲得。ロケッツはプレイオフ全ラウンドでのホームコートアドバンテージを手にする(各ラウンド4戦先勝制で、第1~2、5、7戦をホームで戦う権利)。

昨季王者のゴールデンステイト・ウォリアーズは58勝24敗(.707)でウェスタン・カンファレンス2位となり、以下ポートランド・トレイルブレイザーズ(49勝33敗/.598)が同3位、オクラホマシティ・サンダー(48勝34敗/.585)が同4位で、それぞれプレイオフ1回戦のホームコートアドバンテージを獲得した。

NBAをライブ視聴するならRakuten NBA Special

一方、イースタン・カンファレンスは59勝23敗(.720)の成績を残したトロント・ラプターズが首位を獲得し、同カンファレンス全体のホームコートアドバンテージを獲得。以下、同2位がボストン・セルティックス(55勝27敗/.671)、同3位がフィラデルフィア・76ers(52勝30敗/.634)、同4位が昨季イースト王者のクリーブランド・キャバリアーズ(50勝32敗/.610)となり、それぞれプレイオフ1回戦のホームコートアドバンテージを獲得している。

2018 NBAプレイオフ1回戦の組み合わせは以下の通り。

イースタン・カンファレンス1回戦

トロント・ラプターズ(1) vs ワシントン・ウィザーズ(8)
ボストン・セルティックス(2) vs ミルウォーキー・バックス(7)
フィラデルフィア・76ers(3) vs マイアミ・ヒート(6)
クリーブランド・キャバリアーズ(4) vs インディアナ・ペイサーズ(5)


ウェスタン・カンファレンス1回戦

ヒューストン・ロケッツ(1) vs ミネソタ・ティンバーウルブズ(8)
ゴールデンステイト・ウォリアーズ(2) vs サンアントニオ・スパーズ(7)
ポートランド・トレイルブレイザーズ(3) vs ニューオーリンズ・ペリカンズ(6)
オクラホマシティ・サンダー(4) vs ユタ・ジャズ(5)

ヒューストン・ロケッツ ジェームズ・ハーデン クリス・ポール

プレイオフは4月14日(同15日)から開幕する。

プレイオフ組み合わせ


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

スパーズの優先事項はカワイ・レナード残留

nba

リポート:マブスは新人ルカ・ドンチッチをサマーリーグに出場させない意向

nba

渡邊雄太がネッツからのサマーリーグ出場を発表

nba

[ギャラリー]NBAドラフト2018

nba

NBAドラフト2018 当日のトレードまとめ

nba

NBAドラフト2018 指名結果一覧

nba

NBAドラフト2018 全体5位指名選手トレイ・ヤング「日々の練習で努力して、試合に勝てるように努力する」

nba

NBAドラフト2018 全体4位指名選手 ジャレン・ジャクソンJr.「この日を毎日のように夢に見てきた」

nba

NBAドラフト2018 全体3位指名選手ルカ・ドンチッチ「マブスに加われることを嬉しく思う」

nba

NBAドラフト2018 全体2位指名選手マービン・バグリー三世「チームに加わって、一緒に何かを生み出すのが非常に楽しみ」

nba

NBAドラフト2018 全体1位指名選手ディアンドレ・エイトン「名前を呼ばれた瞬間は極めて刺激的だった」

nba

サンズがディアンドレ・エイトンをNBAドラフト2018 全体1位で指名

もっと見るレス
Back to Top