ウォリアーズがファーストラウンド第1戦に勝利、ドレイモンド・グリーンは「自分たちが王者」

ウォリアーズがファーストラウンド第1戦に勝利、ドレイモンド・グリーンは「自分たちが王者」

クレイ・トンプソンは27得点、ケビン・デュラントは24得点で勝利に貢献

4月14日(日本時間15日)にオラクル・アリーナで行なわれたNBAプレイオフ2018、サンアントニオ・スパーズとゴールデンステイト・ウォリアーズによるウェスタン・カンファレンス・ファーストラウンド第1戦は、試合序盤からリードを奪ったウォリアーズが113-92で勝利した。

NBAをライブ視聴するならRakuten NBA Special

レギュラーシーズン終盤に失速したウォリアーズだったが、プレイオフ初戦でスパーズを圧倒。フィールドゴール13本中11本を決めて27得点をマークしたクレイ・トンプソンは、第1戦で印象に残る力強い形でプレイできたかについて「間違いなくね」と語った。

「レギュラーシーズンを良い形で終えられなくて、片足でプレイオフに臨んだ感じだった。自分たちの能力はわかっている。どれだけ良いチームかもわかっている。ポストシーズンは経験済みだし、どうすれば勝てるかわかっているよ」。

12得点、8リバウンド、11アシストで勝利に貢献したドレイモンド・グリーンは「自分たちが王者。この時期にどうすれば勝てるかはわかっている」と言う。

「この時期のために準備している。多くの人は、自分たちに何ができるかを忘れてしまっているのかもしれないね。でも、自分たちはわかっている」。

ウォリアーズ(シリーズ1勝0敗)はトンプソンとグリーンのほか、ケビン・デュラントが24得点、8リバウンド、7アシストを記録。ひざの負傷により欠場中のステフィン・カリーは、同日に再検査を受けた。経過は順調で、今後コートでのリハビリメニューの強度を上げていくという。


第1戦後、スパーズのグレッグ・ポポビッチ・ヘッドコーチは「第1クォーターは、まるで身動きが取れないような感じだった」と、試合を振り返っている。

スパーズ(シリーズ0勝1敗)は、ルディ・ゲイが15得点、ラマーカス・オルドリッジが14得点だった。

第2戦は同会場で4月16日(同17日)に行なわれる。

ボックススコア

[特集]NBAプレイオフ2018


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

ペリカンズがホームで勝利し突破に王手、プレイオフ自己最多30得点のニコラ・ミロティッチは「シンプルにプレイしているだけ」

nba

ウォリアーズが対スパーズ第3戦にも勝利、3連勝で王手をかける

nba

76ersが敵地でシリーズ2勝目、ジョエル・エンビードはプレイオフデビュー戦で23得点の活躍

nba

バックスのジャバリ・パーカーがプレイオフでの出場時間に不満

nba

リポート:ケビン・ラブが左親指靭帯部分断裂

nba

[コラム]サンダーファンのイラストレーター、ナナエさんがサンダー戦を観戦

nba

序盤にリードを広げたロケッツが2連勝、第2戦で挽回したクリス・ポールは「テンポを上げて積極的にプレイしようとした」

nba

ジャズが敵地での第2戦を制す、クイン・スナイダーHCは新人ドノバン・ミッチェルを「けがをしているようには見えなかった」と称賛

nba

キャブズが辛くも逃げ切りイーブンに、46得点のレブロン・ジェームズは「ラッキーだった」

nba

ジョエル・エンビード、ファーストラウンド第3戦の出場は微妙

nba

グレッグ・ポポビッチHCの夫人が逝去

nba

[杉浦大介コラム第81回]3x3ディベート: クリーブランド・キャバリアーズの“今”を3人の識者が分析

もっと見るレス
Back to Top