2018 Mtn Dew Kickstart ライジングスターズを制したのはワールドチーム、MVPはボグダン・ボグダノビッチ

2018 Mtn Dew Kickstart ライジングスターズを制したのはワールドチーム、MVPはボグダン・ボグダノビッチ

MVPのボグダノビッチは3ポイントショット7本を成功させて26得点

2月16日(日本時間17日)にステイプルズ・センターで行なわれた『2018 Mtn Dew Kickstart ライジングスターズ 』は、ワールドチームが23本もの3ポイントショットを決めるなどU.S.チームを圧倒し、155-124で勝利した。試合のMVPには両チーム最多となる7本の3P成功を含む26得点、6アシストの活躍を見せたボグダン・ボグダノビッチ(サクラメント・キングス)が輝いている。

NBAが誇る1~2年目の若手選手が出場する同イベントは、アメリカ出身選手により構成されるU.S.チームと、米国外出身選手で構成されるワールドチームに分かれて対戦する形式となって今年で4年目を迎えた。 昨年勝利したワールドチームは、18日(同19日)のオールスターゲーム本戦にも参戦するジョエル・エンビード、話題の新人ベン・シモンズ、そしてダリオ・シャリッチのフィラデルフィア・76ersの3人に、昨年のライジングスターズMVPに輝いたジャマール・マレー(デンバー・ナゲッツ)とバディ・ヒールド(キングス)の2人を加えたメンバーが先発出場した。

対するU.S.チームは、地元ロサンゼルス・レイカーズ所属のブランドン・イングラムを筆頭に、ドノバン・ミッチェル(ユタ・ジャズ)、デニス・スミスJr.(ダラス・マーベリックス)、ジェイレン・ブラウン(ボストン・セルティックス)、ジョン・コリンズ(アトランタ・ホークス)と身体能力に長けた5人を先発に揃えた。

10分×4クォーターで行なわれる今大会は、前半だけで12本の3Pを決めたワールドチームが78-59でリードして前半を折り返すと、後半もワールドチームの勢いは止まらず155-124の大差で勝利した。 

ワールドチームはMVPに輝いたボグダノビッチのほか、ヒールドが29得点、マレーが21得点、7アシスト、シャリッチが18得点、シモンズが11得点、13アシスト、6リバウンド、4スティールで勝利に貢献した。

敗れたものの、派手なダンクで会場を沸かせたU.S.チームは、ブラウンが両チーム最多の35得点に加え、10リバウンドのダブルダブルを記録。地元ファンの大きな声援を受けたカイル・クーズマ(レイカーズ)が20得点、そしてジェイソン・テイタム(セルティックス)が15得点をあげた。

取材・文:甲斐豪

ボックススコア


関連記事


2018 Mtn Dew Kickstart ライジングスターズの開催地・日時・放送・出場選手…etc.

ジョエル・エンビード、ベン・シモンズ、ロンゾ・ボールらがライジングスターズに出場

トーリアン・プリンスがマルコム・ブログドンに代わりライジングスターズに代替出場

ディアロン・フォックスがロンゾ・ボールに代わりライジングスターズに代替出場

2017 BBVA Compass ライジングスターズ・チャレンジ リポート

[特集]NBAオールスター2018 in ロサンゼルス


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

ペリカンズがホームで勝利し突破に王手、プレイオフ自己最多30得点のニコラ・ミロティッチは「シンプルにプレイしているだけ」

nba

ウォリアーズが対スパーズ第3戦にも勝利、3連勝で王手をかける

nba

76ersが敵地でシリーズ2勝目、ジョエル・エンビードはプレイオフデビュー戦で23得点の活躍

nba

バックスのジャバリ・パーカーがプレイオフでの出場時間に不満

nba

リポート:ケビン・ラブが左親指靭帯部分断裂

nba

[コラム]サンダーファンのイラストレーター、ナナエさんがサンダー戦を観戦

nba

序盤にリードを広げたロケッツが2連勝、第2戦で挽回したクリス・ポールは「テンポを上げて積極的にプレイしようとした」

nba

ジャズが敵地での第2戦を制す、クイン・スナイダーHCは新人ドノバン・ミッチェルを「けがをしているようには見えなかった」と称賛

nba

キャブズが辛くも逃げ切りイーブンに、46得点のレブロン・ジェームズは「ラッキーだった」

nba

ジョエル・エンビード、ファーストラウンド第3戦の出場は微妙

nba

グレッグ・ポポビッチHCの夫人が逝去

nba

[杉浦大介コラム第81回]3x3ディベート: クリーブランド・キャバリアーズの“今”を3人の識者が分析

もっと見るレス
Back to Top