攻守で上回ったウォリアーズがブレイザーズに快勝

攻守で上回ったウォリアーズがブレイザーズに快勝

堅守でリラードとマッカラムを合計23得点に抑える

4月19日(日本時間20日)にオラクル・アリーナで行なわれたNBAプレイオフ2017 ウェスタン・カンファレンス・ファーストラウンド第2戦、ポートランド・トレイルブレイザーズ対ゴールデンステイト・ウォリアーズの一戦は、攻守両面でブレイザーズを圧倒したウォリアーズが110-81で快勝した。

第1戦でデイミアン・リラードとC.J.・マッカラムに合計75得点(リラードが34得点、マッカラムが41得点)を許したウォリアーズだったが、この日はブレイザーズを引っ張る2人を合計23得点に抑えた。また、55-46で迎えた第3クォーターはブレイザーズをわずか12点に抑えて快勝。ケビン・デュラントが欠場しながらもホームで2連勝し、対戦成績を2勝0敗とした。

この日フィールドゴール7本すべてを決めた控えセンターのジャベール・マギーについて、ステフィン・カリーは試合後「たまに、オープンな状態ではなくても彼を気にし過ぎてしまうときがあるんだ。リムより高い位置にボールを上げれば、何か凄いことをしてくれそうな気がしていてね」と話している。

DAZNでNBAプレイオフをチェック!

ウォリアーズ(2勝0敗)は、カリーが19得点、6リバウンド、6アシスト、クレイ・トンプソンが16得点、マギーが15得点、イアン・クラークが13得点、ドレイモンド・グリーンが6得点、12リバウンド、10アシスト、3ブロックで勝利に貢献した。

2連敗のブレイザーズ(0勝2敗)は、モーリス・ハークレスが15得点、リラードが12得点、マッカラムが11得点、シャバズ・ネイピアーが10得点をあげている。


第3戦は22日(同23日)にモダ・センターで行なわれる予定だ。

ボックススコア


各シリーズの日程&結果

プレイオフ組み合わせ(勝ち上がり表)



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

NBAがポール・ジョージとのタンパリング疑惑でレイカーズを調査開始

nba

ジョアキム・ノアが静寂を破り、フィル・ジャクソンやニックスについて心境を語った

nba

渡嘉敷来夢がシカゴ・スカイ戦でベンチ出場から6得点

nba

リポート:クリッパーズが新GMとしてサンダー役員のマイケル・ウィンガーを招聘する意向

nba

ポール・ピアース 名場面トップ5

nba

ティム・ハーダウェイJr.のニックス復帰を喜ぶアラン・ヒューストン

nba

新人王は誰の手に? オッズメーカーの数字はベン・シモンズとロンゾ・ボールが優勢

nba

ユドニス・ハズレムがドウェイン・ウェイドの噂について言及「チームに迎えたい」

nba

セルティックスがポール・ピアースの背番号34永久欠番化を発表

nba

マルク・ガソル、補強が進まなければ2年後グリズリーズを退団する可能性も

nba

ケビン・デュラントがカイリー・アービング問題について言及「NBAでは普通のこと」

nba

『NBA LIVE Mobile バスケットボール』、10月の大型アップデートに向けて「シーズンスコア」がスタート

もっと見るレス
Back to Top