攻守で上回ったウォリアーズがブレイザーズに快勝

攻守で上回ったウォリアーズがブレイザーズに快勝

堅守でリラードとマッカラムを合計23得点に抑える

4月19日(日本時間20日)にオラクル・アリーナで行なわれたNBAプレイオフ2017 ウェスタン・カンファレンス・ファーストラウンド第2戦、ポートランド・トレイルブレイザーズ対ゴールデンステイト・ウォリアーズの一戦は、攻守両面でブレイザーズを圧倒したウォリアーズが110-81で快勝した。

第1戦でデイミアン・リラードとC.J.・マッカラムに合計75得点(リラードが34得点、マッカラムが41得点)を許したウォリアーズだったが、この日はブレイザーズを引っ張る2人を合計23得点に抑えた。また、55-46で迎えた第3クォーターはブレイザーズをわずか12点に抑えて快勝。ケビン・デュラントが欠場しながらもホームで2連勝し、対戦成績を2勝0敗とした。

この日フィールドゴール7本すべてを決めた控えセンターのジャベール・マギーについて、ステフィン・カリーは試合後「たまに、オープンな状態ではなくても彼を気にし過ぎてしまうときがあるんだ。リムより高い位置にボールを上げれば、何か凄いことをしてくれそうな気がしていてね」と話している。

DAZNでNBAプレイオフをチェック!

ウォリアーズ(2勝0敗)は、カリーが19得点、6リバウンド、6アシスト、クレイ・トンプソンが16得点、マギーが15得点、イアン・クラークが13得点、ドレイモンド・グリーンが6得点、12リバウンド、10アシスト、3ブロックで勝利に貢献した。

2連敗のブレイザーズ(0勝2敗)は、モーリス・ハークレスが15得点、リラードが12得点、マッカラムが11得点、シャバズ・ネイピアーが10得点をあげている。


第3戦は22日(同23日)にモダ・センターで行なわれる予定だ。

ボックススコア


各シリーズの日程&結果

プレイオフ組み合わせ(勝ち上がり表)



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

主力欠くも7連勝のウォリアーズ、28得点のケビン・デュラントは「勝ち続けたいならこれが必要」

nba

ロケッツがペリカンズを下して10連勝、自己最多28得点のクリント・カペラは「もっとうまく」

nba

カイリー・アービング欠場のセルティックスが黒星、ブラッド・スティーブンズHCは「支配された」

nba

マット・バーンズが自身のインスタグラムで引退を表明

nba

絶好調ビクター・オラディポ、トレード相手となったポール・ジョージとの比較は「もううんざり」

nba

『NBA 2K League』の公式ロゴがお披露目

nba

ウルブズが接戦を制し約1か月ぶりの連勝

nba

ペイサーズが4連勝、自己最多47得点のビクター・オラディポは「チームメイトがプレイを簡単にしてくれている」

nba

ラプターズが今季最長の6連勝、25得点のデマー・デローザンは「アグレッシブにプレイした」

nba

[宮地陽子コラム第85回]ジャマール・クロフォードがシアトルの先輩から学んだ“メンター”を持つことの重要性

nba

セルティックスが堅守でピストンズに勝利、カイリー・アービングは「チームのアイデンティティを構築したい」

nba

ロケッツ、ネネの出場機会を増やす方法を模索中

もっと見るレス
Back to Top