ジェームズ・ハーデンが35得点、ロケッツがシリーズ2連勝

ジェームズ・ハーデンが35得点、ロケッツがシリーズ2連勝

ラッセル・ウェストブルックがNBAプレイオフ史上最多得点でのトリプルダブル達成もサンダーは連敗

4月19日(日本時間20日)にトヨタ・センターで行なわれたNBAプレイオフ2017 ウェスタン・カンファレンス・ファーストラウンド第2戦、オクラホマシティ・サンダー対ヒューストン・ロケッツの一戦は、ジェームズ・ハーデンが35得点、8アシストを記録し、ロケッツが115-111で勝利した。

第1クォーターを26-35で下回ったロケッツだったが、第2Qから巻き返し、それ以降は接戦に発展。第4Q残り3分16秒の時点で104-104の同点だったが、ホームのロケッツが直後からパトリック・ベバリーとエリック・ゴードンの3ポイントショット成功を含む10-0のランでリードを広げ、第1戦に続き第2戦も勝利した。

ハーデンは試合後「決して良い展開ではなかった」と話している。

「ショットを何本も外したし、序盤にリードを許してしまった。それでも諦めず戦って逆転できた。戦い続けて、精魂尽きるまでプレイして、勝つ方法を見出せた」。

ロケッツ(2勝0敗)はハーデンのほか、ゴードンが22得点、ルー・ウィリアムズが21得点、ベバリーが15得点で勝利に貢献した。

DAZNでNBAプレイオフをチェック!

サンダーのラッセル・ウェストブルックは、51得点、10リバウンド、13アシストを記録し、プレイオフで自身6回目のトリプルダブルを達成。NBAプレイオフ史上最多得点でのトリプルダブルとなったが、第1戦からの2連敗という結果に苛立ったウェストブルックは個人スタッツに関する質問を受け付けず「そんなことはどうだっていい」と語気を強めて返答後、次の一言を付け加えた。


「チームは負けたんだ」。

サンダー(0勝2敗)はウェストブルックのほか、アンドレ・ロバーソンが12得点、8リバウンド、ビクター・オラディポが11得点、9リバウンドをあげている。

第3戦はチェサピーク・エナジー・アリーナで21日(同22日)に行なわれる予定だ。

ボックススコア


各シリーズの日程&結果

プレイオフ組み合わせ(勝ち上がり表)



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

ウォリアーズがスパーズに勝利し、カンファレンス準決勝に進出

nba

76ersが2012年以来となるカンファレンス準決勝進出

nba

マーカス・スマートが復帰したセルティックスが勝利し、3勝2敗とリード

nba

サンダーのラッセル・ウェストブルックに1万ドルの罰金とテクニカルファウルの処分

nba

236選手がNBAドラフト2018にアーリーエントリー

nba

ジャズが3連勝で突破に王手、33得点のドノバン・ミッチェルはレジェンドに続く記録に「光栄なこと」

nba

左足首を手術していたダーク・ノビツキー、来季のプレイに意欲

nba

ラプターズとのシリーズを2勝2敗に戻したウィザーズ、ケリー・ウーブレイJr.が活躍

nba

Jr. NBA世界選手権の放映権で『FOX Sports』と合意

nba

ロケッツが圧勝で突破に王手、36得点のジェームズ・ハーデンは「アグレッシブなメンタリティーだった」

nba

マヌ・ジノビリとトニー・パーカーがプレイオフ史上最多勝利を記録したデュオに

nba

キャブズが終盤のランでリードを広げ勝利、対戦成績を2勝2敗に

nba

ウィザーズが連勝で2勝2敗のタイに、ジョン・ウォールは「ブラッドリーがいなくなったら自分が何とかしないといけない」

nba

スパーズがシリーズ初勝利、第4Qだけで10得点を決めたマヌ・ジノビリは「気合が入っていた」

nba

バックスがヤニス・アデトクンボのティップインレイアップで勝利、シリーズを2勝2敗のイーブンに

nba

ジャズがシリーズ逆転で一歩リード、リッキー・ルビオはジョン・ストックトン以来のトリプルダブルに「光栄」

nba

スパーズ、グレッグ・ポポビッチHCは第4戦も不在に

nba

14年ぶりの本拠地プレイオフでウルブズがロケッツに勝利、28得点のジミー・バトラーは「この街はもう少し長くとどまるにふさわしい」

nba

ペリカンズがブレイザーズをスウィープ、47得点のアンソニー・デイビスは「素晴らしい気分」

nba

76ersが突破に王手、ベン・シモンズはマジック・ジョンソン以来となるトリプルダブルの快挙

nba

バックスが堅守でセルティックスに勝利、ヤニス・アデトクンボは「全員が準備を整えていた」

nba

ウィザーズがホームで勝利しシリーズ初勝利

nba

ペイサーズが17点差からキャブズに逆転勝利、シリーズを2勝1敗でリード

nba

ひざ負傷で離脱中のステフィン・カリー、経過は良好

もっと見るレス
Back to Top