ジェームズ・ハーデンが35得点、ロケッツがシリーズ2連勝

ジェームズ・ハーデンが35得点、ロケッツがシリーズ2連勝

ラッセル・ウェストブルックがNBAプレイオフ史上最多得点でのトリプルダブル達成もサンダーは連敗

4月19日(日本時間20日)にトヨタ・センターで行なわれたNBAプレイオフ2017 ウェスタン・カンファレンス・ファーストラウンド第2戦、オクラホマシティ・サンダー対ヒューストン・ロケッツの一戦は、ジェームズ・ハーデンが35得点、8アシストを記録し、ロケッツが115-111で勝利した。

第1クォーターを26-35で下回ったロケッツだったが、第2Qから巻き返し、それ以降は接戦に発展。第4Q残り3分16秒の時点で104-104の同点だったが、ホームのロケッツが直後からパトリック・ベバリーとエリック・ゴードンの3ポイントショット成功を含む10-0のランでリードを広げ、第1戦に続き第2戦も勝利した。

ハーデンは試合後「決して良い展開ではなかった」と話している。

「ショットを何本も外したし、序盤にリードを許してしまった。それでも諦めず戦って逆転できた。戦い続けて、精魂尽きるまでプレイして、勝つ方法を見出せた」。

ロケッツ(2勝0敗)はハーデンのほか、ゴードンが22得点、ルー・ウィリアムズが21得点、ベバリーが15得点で勝利に貢献した。

DAZNでNBAプレイオフをチェック!

サンダーのラッセル・ウェストブルックは、51得点、10リバウンド、13アシストを記録し、プレイオフで自身6回目のトリプルダブルを達成。NBAプレイオフ史上最多得点でのトリプルダブルとなったが、第1戦からの2連敗という結果に苛立ったウェストブルックは個人スタッツに関する質問を受け付けず「そんなことはどうだっていい」と語気を強めて返答後、次の一言を付け加えた。


「チームは負けたんだ」。

サンダー(0勝2敗)はウェストブルックのほか、アンドレ・ロバーソンが12得点、8リバウンド、ビクター・オラディポが11得点、9リバウンドをあげている。

第3戦はチェサピーク・エナジー・アリーナで21日(同22日)に行なわれる予定だ。

ボックススコア


各シリーズの日程&結果

プレイオフ組み合わせ(勝ち上がり表)



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

主力欠くも7連勝のウォリアーズ、28得点のケビン・デュラントは「勝ち続けたいならこれが必要」

nba

ロケッツがペリカンズを下して10連勝、自己最多28得点のクリント・カペラは「もっとうまく」

nba

カイリー・アービング欠場のセルティックスが黒星、ブラッド・スティーブンズHCは「支配された」

nba

マット・バーンズが自身のインスタグラムで引退を表明

nba

絶好調ビクター・オラディポ、トレード相手となったポール・ジョージとの比較は「もううんざり」

nba

『NBA 2K League』の公式ロゴがお披露目

nba

ウルブズが接戦を制し約1か月ぶりの連勝

nba

ペイサーズが4連勝、自己最多47得点のビクター・オラディポは「チームメイトがプレイを簡単にしてくれている」

nba

ラプターズが今季最長の6連勝、25得点のデマー・デローザンは「アグレッシブにプレイした」

nba

[宮地陽子コラム第85回]ジャマール・クロフォードがシアトルの先輩から学んだ“メンター”を持つことの重要性

nba

セルティックスが堅守でピストンズに勝利、カイリー・アービングは「チームのアイデンティティを構築したい」

nba

ロケッツ、ネネの出場機会を増やす方法を模索中

もっと見るレス
Back to Top