レブロン・ジェームズが32得点、13アシスト、キャブズがペイサーズの猛追をかわしファーストラウンド第1戦を制す

レブロン・ジェームズが32得点、13アシスト、キャブズがペイサーズの猛追をかわしファーストラウンド第1戦を制す

ペイサーズはラストショットをC.J.・マイルズが外し初戦を落とす

4月15日(日本時間16日)にクイックン・ローンズ・アリーナで行なわれたNBAプレイオフ 2017 イースタン・カンファレンス・ファーストラウンド第1戦、インディアナ・ペイサーズ対クリーブランド・キャバリアーズの一戦は、1点リードを守り切ったキャブズが109-108で勝利した。

キャブズが109-108でリードして迎えた第4クォーター残り10秒、ペイサーズはインバウンドパスからラストプレイを実行に移す。ボールを受けたエースのポール・ジョージに対し、キャブズはJR・スミスがマークにつき、そこにレブロン・ジェームズもサポートに入りダブルチームで対応。ジョージは自らプレイを決められないと判断し、C.J.・マイルズにボールを預けたが、マイルズが残り1秒に放ったジャンプショットは外れ、キャブズがホームでの第1戦をものにしている。

試合後ジェームズは最後のプレイについて、ジョージ以外の選手に打たすことがチームプランだったと明かし「彼(ジョージ)の手からボールを話させたかった。他の選手にショットを打たせたかったんだ。その上での結果に納得するだけだった」と語った。

「彼(マイルズ)はショットをミスした。それでチームが勝った」。

NBAリーグパスでNBAプレイオフをチェック!

マイルズは、試合後ロッカールームでジャージーを着たまま30分近く黙ったまま言葉を発しなかった。そこにバスケットボール部門代表のラリー・バードが姿を見せ、マイルズの肩を軽く叩き労った。

ジョージはラストショットについて「自分が打つべきだった」と話している。

「C.J.とは話をした。今日のような状況では自分がラストショットを打たないといけない。今日はC.J.が打ったけれどもね。僕はチームメイトのショットに自信を持っている。チームメイトがショットを打つことには何の問題もない。ただ、今日のような状況では自分がボールを持つべきだった」。

マイルズもジョージの意見に賛同し「勝つためのショットを打つため、ポールにボールを持ってもらいたかった」と答えた。


「それでも自分がボールを受けた時点で残り4秒の状態だったから、自分で打たないといけなかった。良いショットだったとは思う。ただ、決められなかった」。

キャブズ(1勝0敗)は、ジェームズが32得点、6リバウンド、13アシスト、3スティール、カイリー・アービングが23得点、6アシスト、ケビン・ラブが17得点、チャニング・フライが11得点、トリスタン・トンプソンが8得点、13リバウンドで勝利に貢献した。

敗れたペイサーズ(0勝1敗)は、ジョージが29得点、5リバウンド、7アシスト、ランス・スティーブンソンが16得点、7リバウンド、ジェフ・ティーグが15得点、マイルズ・ターナーが11得点、8リバウンド、モンテ・エリスが11得点をあげている。

第2戦は同会場で17日(同18日)に行なわれる予定だ。

ボックススコア


各シリーズの日程&結果

プレイオフ組み合わせ(勝ち上がり表)



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

NBAドラフト2018 全体2位指名選手マービン・バグリー三世「チームに加わって、一緒に何かを生み出すのが非常に楽しみ」

nba

NBAドラフト2018 指名結果一覧

nba

NBAドラフト2018 全体1位指名選手ディアンドレ・エイトン「名前を呼ばれた瞬間は極めて刺激的だった」

nba

サンズがディアンドレ・エイトンをNBAドラフト2018 全体1位で指名

nba

NBAドラフト2018 上位指名有力のモハメッド・バンバ「チームからの期待に応えられる」

nba

NBAドラフト2018 上位指名有力のマービン・バグリー三世「チームの勝利のためにやれることをやる」

nba

NBAドラフト2018 上位指名有力のディアンドレ・エイトン「1位指名されたらとても幸せ」

nba

リポート:レイカーズが76ersからドラフト39位指名権を獲得か

nba

リポート:ネッツがホーネッツからドワイト・ハワードを獲得か

nba

NBAドラフト2018の上位指名チーム、過去の成功と失敗

nba

リポート: ティンバーウルブズのジャマール・クロフォードが来季の契約を破棄してFAへ

nba

リポート: グレッグ・ポポビッチHCとカワイ・レナードがサンディエゴで面会

もっと見るレス
Back to Top