第8シードのブルズが敵地ボストンで2連勝

第8シードのブルズが敵地ボストンで2連勝

ジミー・バトラーとドウェイン・ウェイドはそれぞれ22得点、ラジョン・ロンドはトリプルダブル級の活躍

4月18日(日本時間19日)にTDガーデンで行なわれたNBAプレイオフ2017 イースタン・カンファレンス・ファーストラウンド第2戦、シカゴ・ブルズ対ボストン・セルティックスの一戦は、ジミー・バトラーとドウェイン・ウェイドがそれぞれ22得点、ラジョン・ロンドが11得点、9リバウンド、14アシストの活躍を見せ、ブルズが111-97で快勝した。

ブルズはバトラー、ウェイド、ロンドを含め先発全員を含む6選手が二桁得点を記録。第8シードのブルズは敵地という不利な条件にもかかわらず、2連勝でホームに戻る結果となった。

イースト第1シードを相手に敵地で2連勝という結果について、バトラーは試合後「驚くようなことではない。全員が今は非常に集中しているんだ」と語っている。

「全員が、それぞれの役割をこなしている。映像を見直したり、それぞれのプレイを改善させるために努力している。自信は、そういう取り組みから得られるもの」。

DAZNでNBAプレイオフをチェック!

ブルズ(2勝0敗)はバトラーらのほか、ロビン・ロペスが18得点、8リバウンド、ポール・ジプサーが16得点、ニコラ・ミロティッチが13得点、7リバウンドで勝利に貢献した。


2連敗のセルティックス(0勝2敗)は、アイザイア・トーマスが20得点、ジェイ・クロウダーが16得点、マーカス・スマートが13得点、8リバウンド、エイブリー・ブラッドリーが12得点、ケリー・オリニクが11得点、7アシストをあげている。

第3戦は21日(同22日)にユナイテッド・センターで行なわれる予定だ。

ボックススコア


各シリーズの日程&結果

プレイオフ組み合わせ(勝ち上がり表)



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

NBAがポール・ジョージとのタンパリング疑惑でレイカーズを調査開始

nba

ジョアキム・ノアが静寂を破り、フィル・ジャクソンやニックスについて心境を語った

nba

渡嘉敷来夢がシカゴ・スカイ戦でベンチ出場から6得点

nba

リポート:クリッパーズが新GMとしてサンダー役員のマイケル・ウィンガーを招聘する意向

nba

ポール・ピアース 名場面トップ5

nba

ティム・ハーダウェイJr.のニックス復帰を喜ぶアラン・ヒューストン

nba

新人王は誰の手に? オッズメーカーの数字はベン・シモンズとロンゾ・ボールが優勢

nba

ユドニス・ハズレムがドウェイン・ウェイドの噂について言及「チームに迎えたい」

nba

セルティックスがポール・ピアースの背番号34永久欠番化を発表

nba

マルク・ガソル、補強が進まなければ2年後グリズリーズを退団する可能性も

nba

ケビン・デュラントがカイリー・アービング問題について言及「NBAでは普通のこと」

nba

『NBA LIVE Mobile バスケットボール』、10月の大型アップデートに向けて「シーズンスコア」がスタート

もっと見るレス
Back to Top