第8シードのブルズが敵地ボストンで2連勝

第8シードのブルズが敵地ボストンで2連勝

ジミー・バトラーとドウェイン・ウェイドはそれぞれ22得点、ラジョン・ロンドはトリプルダブル級の活躍

4月18日(日本時間19日)にTDガーデンで行なわれたNBAプレイオフ2017 イースタン・カンファレンス・ファーストラウンド第2戦、シカゴ・ブルズ対ボストン・セルティックスの一戦は、ジミー・バトラーとドウェイン・ウェイドがそれぞれ22得点、ラジョン・ロンドが11得点、9リバウンド、14アシストの活躍を見せ、ブルズが111-97で快勝した。

ブルズはバトラー、ウェイド、ロンドを含め先発全員を含む6選手が二桁得点を記録。第8シードのブルズは敵地という不利な条件にもかかわらず、2連勝でホームに戻る結果となった。

イースト第1シードを相手に敵地で2連勝という結果について、バトラーは試合後「驚くようなことではない。全員が今は非常に集中しているんだ」と語っている。

「全員が、それぞれの役割をこなしている。映像を見直したり、それぞれのプレイを改善させるために努力している。自信は、そういう取り組みから得られるもの」。

DAZNでNBAプレイオフをチェック!

ブルズ(2勝0敗)はバトラーらのほか、ロビン・ロペスが18得点、8リバウンド、ポール・ジプサーが16得点、ニコラ・ミロティッチが13得点、7リバウンドで勝利に貢献した。


2連敗のセルティックス(0勝2敗)は、アイザイア・トーマスが20得点、ジェイ・クロウダーが16得点、マーカス・スマートが13得点、8リバウンド、エイブリー・ブラッドリーが12得点、ケリー・オリニクが11得点、7アシストをあげている。

第3戦は21日(同22日)にユナイテッド・センターで行なわれる予定だ。

ボックススコア


各シリーズの日程&結果

プレイオフ組み合わせ(勝ち上がり表)



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

主力欠くも7連勝のウォリアーズ、28得点のケビン・デュラントは「勝ち続けたいならこれが必要」

nba

ロケッツがペリカンズを下して10連勝、自己最多28得点のクリント・カペラは「もっとうまく」

nba

カイリー・アービング欠場のセルティックスが黒星、ブラッド・スティーブンズHCは「支配された」

nba

マット・バーンズが自身のインスタグラムで引退を表明

nba

絶好調ビクター・オラディポ、トレード相手となったポール・ジョージとの比較は「もううんざり」

nba

『NBA 2K League』の公式ロゴがお披露目

nba

ウルブズが接戦を制し約1か月ぶりの連勝

nba

ペイサーズが4連勝、自己最多47得点のビクター・オラディポは「チームメイトがプレイを簡単にしてくれている」

nba

ラプターズが今季最長の6連勝、25得点のデマー・デローザンは「アグレッシブにプレイした」

nba

[宮地陽子コラム第85回]ジャマール・クロフォードがシアトルの先輩から学んだ“メンター”を持つことの重要性

nba

セルティックスが堅守でピストンズに勝利、カイリー・アービングは「チームのアイデンティティを構築したい」

nba

ロケッツ、ネネの出場機会を増やす方法を模索中

もっと見るレス
Back to Top