ブラッドリー・ビールとジョン・ウォールが30得点超え、ウィザーズがホームで2連勝

ブラッドリー・ビールとジョン・ウォールが30得点超え、ウィザーズがホームで2連勝

ウォールは32得点、ビールは31得点で勝利に貢献

4月19日(日本時間20日)にベライゾン・センターで行なわれたNBAプレイオフ2017 イースタン・カンファレンス・ファーストラウンド第2戦、アトランタ・ホークス対ワシントン・ウィザーズの一戦は、ジョン・ウォールが32得点、ブラッドリー・ビールが31得点の活躍を見せ、ウィザーズが109-101で勝利した。

第1戦でフィールドゴール21本中9本の成功に終わったビールは、第2戦の第3クォーター終了までにFG18本中6本成功と苦しんだ。しかし、第4Qに入るとリズムを取り戻し、FG9本中6本を成功。チームが試合の最後に決めた21得点のうち20点をウォールと2人だけでマークし、ホーム2連勝に貢献した。

ビールは試合後、代理人から教えられたというジョークを披露した。

「いつも『ミスなんて言葉は知らない』と自分に言い聞かせているんだ。“Miss”は”女性”だからね」と笑顔で語り、「チームの皆が僕を信頼してくれている。コーチ(スコット・ブルックス・ヘッドコーチ)は自分以上に自分を信じてくれている。だから立ち上がって、ショットを打つだけさ」。

NBAリーグパスでNBAプレイオフをチェック!

また、バックコートでコンビを組むウォールもビールについて、「ブラッドリーは自分とともに球団の顔。彼にはスコアラーとして活躍してもらわないといけない」と期待と信頼を寄せる。

「彼が1試合30本ショットを打ったとしても、自分たちは気にもしない」。


ウィザーズ(2勝0敗)はウォールとビールのほか、マーチン・ゴータットが14得点、10リバウンド、ブランドン・ジェニングスが10得点を記録した。

2連敗のホークス(0勝2敗)は、ポール・ミルサップが27得点、10リバウンド、デニス・シュルーダーが23得点、ティム・ハーダウェイJr.が19得点、トーリン・プリンスが12得点をあげている。

第3戦は22日(同23日)にフィリップス・アリーナで行なわれる予定だ。

ボックススコア


各シリーズの日程&結果

プレイオフ組み合わせ(勝ち上がり表)



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

主力欠くも7連勝のウォリアーズ、28得点のケビン・デュラントは「勝ち続けたいならこれが必要」

nba

ロケッツがペリカンズを下して10連勝、自己最多28得点のクリント・カペラは「もっとうまく」

nba

カイリー・アービング欠場のセルティックスが黒星、ブラッド・スティーブンズHCは「支配された」

nba

マット・バーンズが自身のインスタグラムで引退を表明

nba

絶好調ビクター・オラディポ、トレード相手となったポール・ジョージとの比較は「もううんざり」

nba

『NBA 2K League』の公式ロゴがお披露目

nba

ウルブズが接戦を制し約1か月ぶりの連勝

nba

ペイサーズが4連勝、自己最多47得点のビクター・オラディポは「チームメイトがプレイを簡単にしてくれている」

nba

ラプターズが今季最長の6連勝、25得点のデマー・デローザンは「アグレッシブにプレイした」

nba

[宮地陽子コラム第85回]ジャマール・クロフォードがシアトルの先輩から学んだ“メンター”を持つことの重要性

nba

セルティックスが堅守でピストンズに勝利、カイリー・アービングは「チームのアイデンティティを構築したい」

nba

ロケッツ、ネネの出場機会を増やす方法を模索中

もっと見るレス
Back to Top