ラッセル・ウェストブルック、ジェームズ・ハーデンらがオールNBAファーストチームに選出
NBA

ラッセル・ウェストブルック、ジェームズ・ハーデンらがオールNBAファーストチームに選出

ハーデンは満場一致、レブロン・ジェームズは歴代1位に並ぶ11回目の選出

5月18日(日本時間19日)、NBAは2016-17シーズンのオールNBAチームを発表した。ファーストチームには、ヒューストン・ロケッツのジェームズ・ハーデン、クリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェームズらが選出された。

100人のメディア関係者による投票で、唯一全員からファーストチーム票を獲得し500ポイントを獲得したのはハーデン(ガード)のみ。そのほか、ジェームズ(フォワード/498ポイント)、オクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウェストブルック(ガード/498ポイント)、サンアントニオ・スパーズのカワイ・レナード(フォワード/490ポイント)、ニューオーリンズ・ペリカンズのデイビス(センター/343ポイント)がファーストチームに選出された。

ハーデンは今シーズン自己最多の平均29.1得点(NBA2位)、11.2アシスト(同1位)、8.1リバウンドを記録し、ロケッツをリーグ3位の55勝27敗に導いた。今季のフリースロー成功数でもNBA最多の746本をマークしたほか、3ポイントショット成功数でも同3位の262本をマーク。また、1シーズンにおけるトリプルダブル達成回数としては同6位となる22回を達成した。

今季が14年目のジェームズは、アシスト(8.7/同6位)、リバウンド(8.6)、年間トリプルダブル達成回数(13回/同3位)で自己最多を記録。そのほか同8位の26.4得点という成績を残し、自身が持つ年間平均25.0得点以上の連続記録を13シーズンに更新した。通算11回目のファーストチーム選出は歴代1位に並ぶ記録。ここ13シーズン連続してオールNBAチームに選出されているほか、ジェームズは過去に2度セカンドチームにも選出されている。

DAZNでNBAプレイオフをチェック!

ウェストブルックは、今季トリプルダブルを42回達成し、年間トリプルダブル達成回数のNBA記録を更新。また、今季は平均31.6得点(同1位)、10.7リバウンド(同10位)、10.4アシスト(同3位)という成績を残し、オスカー・ロバートソン以来初、NBA史上2人目の『平均トリプルダブル』という快挙を成し遂げた。直近3シーズンで2度目の得点王に輝いたウェストブルックは、1試合20得点以上(72試合)、30得点以上(44試合)、40得点以上(18試合)、50得点以上(4試合)というカテゴリーでもリーグ最多の数字を記録した。

今季自己最多の平均25.5得点(同9位)を記録したレナードは、スパーズの選手としては2001-02シーズンのティム・ダンカン以来初の年間25.0得点以上を記録した選手となった。直近2シーズン連続して最優秀守備選手賞を受賞しているレナードは、チームの61勝21敗、リーグ最高のディフェンシブ・レーティング記録に貢献。スパーズは直近4シーズンで3度年間60勝以上を記録している。

デイビスは得点(28.0/同4位)とリバウンド(11.8/同7位)、出場試合数(75)で自己最多を記録したほか、ブロック(2.23)でも同2位の成績を残した。また、年間2099得点を記録し、ペリカンズの球団記録を更新した。


投票は、ファーストチーム、セカンドチーム、サードチームにそれぞれガード2人、フォワード2人、センター1人を選出。ファーストチーム票に5ポイント、セカンドチーム票に3ポイント、サードチーム票に1ポイントが付与され、合計ポイントの多い順に決定する。


投票結果

ファーストチーム

選手(チーム) P 1位票 2位票 3位票
レブロン・ジェームズ(キャバリアーズ) F 99 1 - 498
カワイ・レナード(スパーズ) F 96 3 1 490
アンソニー・デイビス(ペリカンズ) C 45 34 16 343
ジェームズ・ハーデン(ロケッツ) G 100 - - 500
ラッセル・ウェストブルック(サンダー) G 99 1 - 498


セカンドチーム

選手(チーム) P 1位票 2位票 3位票
ヤニス・アデトクンボ(バックス) F - 81 15 258
ケビン・デュラント(ウォリアーズ) F 3 66 26 239
ルディ・ゴベール(ジャズ) C 43 38 10 339
ステフィン・カリー(ウォリアーズ) G 1 93 6 290
アイザイア・トーマス(セルティックス) G - 71 23 236


サードチーム

選手(チーム) P 1位票 2位票 3位票
ドレイモンド・グリーン(ウォリアーズ) F 4 21 51 134
ジミー・バトラー(ブルズ) F - 19 45 102
ディアンドレ・ジョーダン(クリッパーズ) C 3 7 18 54
ジョン・ウォール(ウィザーズ) G - 19 68 125
デマー・デローザン(ラプターズ) G - 4 50 62


NBA 2016-17シーズン アウォード受賞者一覧


NBA 2015-16シーズン アウォード受賞者一覧



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

セルティックスが15連勝、カイリー・アービングは「1試合1試合が試練」

nba

薬物規定違反から復帰後も4番手の状態が続くジョアキム・ノア「これが自分の現実」

nba

マイク・コンリーが左アキレス腱痛で離脱、復帰時期は未定

nba

サンズが3度目の対戦で今季レイカーズに初勝利、33得点のデビン・ブッカーは「負けられなかった」

nba

スパーズが23点差から逆転してサンダーに勝利、グレッグ・ポポビッチHCは選手を称賛「決して諦めず、基本的なプレイを続けたことで流れが変わった」

nba

キャブズが延長戦を制し4連勝、レブロン・ジェームズはセルティックスとの比較を気にせず「周りの意見はどうでもいい」

nba

ネッツのディアンジェロ・ラッセルが左ひざを手術、復帰時期は未定

nba

76ersがロバート・コビントンとの契約を延長

nba

セルティックスに敗れたウォリアーズ、ステフィン・カリーは「今季のファイナルで対戦するかもしれない」

nba

NBAレジェンドのディケンベ・ムトンボが来日「日本のバスケットボールリーグと今後も協力体制を維持していきたい」

nba

クリス・ポール復帰戦の前半だけで90得点を記録したロケッツ、ジェームズ・ハーデンは「スコアがおかしいんじゃないかと思った」

nba

敵地3連勝中のキャブズ、復調の秘訣は睡眠

nba

セルティックスがウォリアーズを下して14連勝、急逝した親友に勝利を捧げたジェイレン・ブラウンは「彼に導かれてプレイできた」

nba

さらに注目を集めるようになった76ers、ブレット・ブラウンHCは中心選手であるジョエル・エンビードとベン・シモンズを絶賛「彼らはまだまだ成長できる」

nba

ステフィン・カリーがオンラインコースでバスケットボールを指導

nba

76ersがレイカーズに勝利、自己最多46得点を記録のジョエル・エンビードは「ステイプルズ・センターでショーを見せたかった」

nba

ウルブズがスパーズ戦の連敗を12で止める、26得点、16リバウンドのカール・アンソニー・タウンズは「今夜の食事は美味しく感じられる」

nba

サンダーが3連勝で勝率5割復帰、ポール・ジョージは「正しい方向に進んでいる」

nba

キャブズが3連勝、31得点のレブロン・ジェームズは「守備が非常に良かった」

nba

リポート:ロバート・コビントンが76ersと4年6200万ドルの延長契約に合意

nba

クリス・ポールがサンズ戦で復帰へ

nba

Masks of NBA - 覆面プレイヤー図鑑

nba

ラマーカス・オルドリッジの活躍でスパーズが勝利、ポポビッチHCはアウェイでの500勝目を達成

nba

リポート:クリス・ポールがサンズ戦での復帰に向けて調整中

もっと見るレス
Back to Top